貫華日記Ⅱ

伊藤貴麿関連資料(2)「水面亭の仙人」

伊藤貴麿関連資料の2回目は、前回と同じく『赤い鳥』に掲載された文章、第10巻6号(1923年6月)掲載の「水面亭の仙人」です。これも『聊斎志異』を原作として「自由訳」したもので、原作名は「寒月芙蓉」。この作品も『孔子さまと琴の音』(増進堂、1943年)を始め、いくつかの童話集に収められています。

今回も『赤い鳥』掲載時の文章をテキスト化したものです。原文からの変更点や、注意点につきましては、前回の投稿、伊藤貴麿関連資料(1)「虎の改心」をご覧ください。

水面亭の仙人     伊藤貴麿

   一

 昔支那に、老子といふ偉い仙人がありましたが、その方の敎が元になつて、後に道敎といふ敎が出來ました。道敎は、今でもさかんに支那人の間に信ぜられてをります。その道敎の修業をつんだ人で、昔から偉い仙人が澤山出ました。

 今から数百年前に、支那の濟南といふ所に、或一人の穢い坊さんが、ひょつくりやつて來ました。町の人々は、その坊さんがどこから來たかも、又、名は何といふのかも知りませんでした。坊さんは夏冬なしに、袷をたつた一枚着たきりで、黄色い繩の帶を締めてゐました。別に下着も、ヅボンもはいてはゐません。髮はぼうぼうと生やしたまま、後に垂れて、よく馬鹿のやうに、その端を口に咬へたりしてゐました。いつも町をうろうろして、夜も、人の家の軒先などで寢てゐましたが、不思議なことに、冬雪が降つても、その坊さんの廻りだけはつもりませんでした。
 初めてその坊さんが來た時、色んな不思議をあらはしましたので、町の人々は尊敬して、われ勝ちに喰べ物などを與へました。或時、町の無賴漢が、その坊さんに酒をやつて、不思議な術を敎へてくれと賴みましたが、坊さんは相手にしませんでした。無賴漢は腹を立てて、いつか坊さんをいぢめてやらうと思つて待つてゐますと、或日坊さんが川へ這入つて水を浴びてゐるのを見つけたので、
「さあどうだ、意地惡坊主、かうしてやらあ。」と言つて、川岸に脫いである坊さんの着物をさらつて行かうとしました。と、坊さんは、
「これこれ何をするのぢや、惡戯せんと、返しておくれ。その代り、お前さんに術を授けてあげよう。」と申しましたが、
「何ッ糞坊主、てめぇの言ふことなぞあてになるものか。」と言つて、着物を抱へて走り出しました。すると、不思議なことに、坊さんの繩の帶が見る見る大きな蛇に變つて、無賴漢の首にぐるぐる卷き着いたので、無賴漢は立ちながらぐつと息が詰つて、眞蒼になりました。蛇は猶もしうしう音を立て、鎌首をもたげて、焰のやうな舌をペラペラとはきますので、無賴漢はぶるぶる顫へ出し、地面の上にぺつたり坐つて、許しを乞ひました。すると坊さんは、笑ひながら着物を着て、その蛇を腰に卷いたかと思ひますと、どうでせう、それは元の繩の帶になつてゐました。

   二

 それから、この坊さんの名前は段々高くなつて、町のお役人や、紳士達は、爭って坊さんを招待して、色々敎を聽きました。そして、御馳走をして客でも呼ぶ時には、いつも坊さんをも招いて、あつくもてなしました。
 すると或日、坊さんがやって來て、
「いつも、手前ばかり御馳走になって相濟みません。今度はいつか水面亭でお返しをいたしませう。」と言つて、立ち去りました。その後、或日のこと、町の紳士達は自分の机の上に、誰が置いて行ったとも知れない手紙が載つてゐるのを見て、びつくりして開けて見ますと、それは坊さんからの招待狀でした。
 それで、その日町の人達が打ち揃つて、水面亭へ行つて見ますと、坊さんはやはり穢い着物を着たままひよろひよろと出て來て皆を迎へました。皆がお堂の中へ這入つて見ますと、部屋の中は空つぽで、椅子も何もありません。
「いやはや、これでは碌なもてなしは出來さうにもない。」と呆れ果ててゐますと、坊さんは客人達を振り返って、
「手前は貧乏ですから、召使がございません。どうか、お客人達のお供を拜借したいものです。」と言って、壁の上に一對の扉を描いて、指でこつこつと敲きますと、あら不思議や、その扉がぎーッと開きました。皆はびつくりして、驅け寄つて中を覗いて見ますと、どうでせう、紫檀の椅子や、眼もさめるやうな美しい覆ひのかかつたテイブルや、おいしさうな御馳走や、翦翠や琥珀を溶いたやうなお酒が、一ぱいに列んでをります。そこで、お供の者がそれ等をいちいち運び出して、やがて大きな宴會が開かれました。
 元來水面亭といふのは、大きな湖に面してゐて、每年七月頃には、紅白の蓮の花が、見渡すかぎり一面に、咲き亂れるのですが、丁度その時は、まだ春の初めで、やつと水がぬるんで湖の面が靑み渡り、岸の柳が美しい靑い糸をなびかせてゐる位でした。
 その時酒に醉つた一人の客が窓の方に寄つて、
「やあ、絶景々々、然し、花がまだ咲かないので淋しいなあ。」と申しました。皆も、こんな愉快な日に、湖水に花がないのは物足らないと思ひました。と、暫くして、一人のお供の者が驅け込んで來て、
「旦那、花が、花が……。」と申しますので、皆はびつくりして、窓を開けて眺めますと、湖面は千朶萬枝、白い玉を連ね、赤い焰が燃え立つたかのやうな花盛りで、南風がさはやかに頰を撫で、その良い香りは、心の底までしみ透るやうでした。
 客人たちは有頂天になつて早速供の者に舟を出させて、蓮の花を取りにやりました。眺めてゐると、舟はだんだん進んで、花の間をあちこちと漕ぎ廻つて、やがて花の中に埋もれたやうに見えました。暫くして舟は歸つて來ましたが、舟に乘つてゐた者たちは、ぽかんとして空手で岸に上つて來ました。皆がわいわい言つて罵りますと、蓮を取りに行つた者は、
「私共が、花が北にあると思つて北へ行つて見ると、いつの間にか消えて、南の方へ移つてをります。それで南の方へ漕寄せて見ますと、又いつの間にか消えてしまひます。」と言つて、ぼんやりしてゐます。客人たちがあきれ返つてをりますと、坊さんは、
「花は皆あなたがたの心の幻かな。」と言つて、からからと笑ひました。そして、酒盛が終る頃には、北風がさつさつと吹き起つて、焰のやうな花も、一面に湖を覆つてゐたみづみづしい葉も、ふつと搔き消すやうに消えてしまひました。

   三

 かういふことがあつて以來、町の長官は非常に坊さんを尊つて、自分の屋敷に連れて歸つて、毎日一緖に語るのを樂にしてゐました。
 或日、その長官の家に客があつて珍重してゐた良いお酒を出しました。然し、長官はいつもそのお酒を惜しんで、ちびちびしか出さないのです。お客がもつと飲みたがると、いつも、
「もうおしまひおしまひ。」と言つて手を振りました。その日も、お客が酒を飲み足らなさうにしてゐると、傍に居た坊さんが笑ひながら、
「私も一ばい御馳走をしませうかな。」と言つて、テイブルの上の德利を、自分の袖の中に入れて、又直ぐ取り出して、皆についで廻りますと、酒はいつまでもつきないで、後から後から、こんこんと湧いて出ました。客人たちはあつけに取られましたが、さて味つて見ると、前の酒と、香りといひ、味といひ、ちつとも變りません。皆は十分に醉ふまで飲んで歸つて行きました。
 これをぢつと見てゐた長官は、これは坊さんが妖術を使つて、きつと自分の酒を盜んだに違ひないと、穴蔵へ行つて調べて見ますと、瓶の封はちやんと元のままであるのに、中の酒は一滴もなく、空つぽになつてゐました。これを見た長官はかつと怒つて、
「おのれ、恩知らずの、横着者め。」と言つて、杖をとつて打ちますと、返つて自分の腰に、びんと痛みを感じました。二度三度鞭打つてゐるうちに、坊さんがうんうんうなつて苦しがると同時に、自分の腰の肉も裂けて、だらだらと血が流れて來るので、どうにも爲樣がなく、鞭打つことをやめて、坊さんを表へ追つ拂つてしまひました。
 坊さんは表へ出たかと思ふと、風のやうにどこへ行つたか解らなくなうました。そして再びもうこの町へは姿を現しませんでした。
 それからずつと後に、この町の人が、南京といふ所へ行つたことがありましたが、或街角で、ひよつくり、その坊さんに逢つたといふ事です。その時、坊さんは元のやうに、ぼろの着物を着て、繩の帯をしめてゐたさうです。そして、何を訊ねても、ただ笑つてばかりゐて答へなかつたさうです。(をはり)


伊藤貴麿関連資料(1)「虎の改心」

ニュース twitterでお知らせしたとおり、柏書房から『赤い鳥事典』が出版され、私も「伊藤貴麿」の項目を担当させていただきました。伊藤貴麿は岩波少年文庫『西遊記』の翻訳で知られている児童文学家・翻訳家で、『西遊記』の他にも数多くの童話作品や翻訳などを発表し、1967年に亡くなっています。

赤い鳥事典』の原稿を作成する際に、副産物としていろいろな資料ができたのですが、そのまま放っておくのももったいないので、サイトで公開したいと思います。

まずは彼の文章から。『赤い鳥』第11巻3号(1923年9月)に掲載された「虎の改心」です。『聊斎志異』の「趙城虎」を原作として「自由訳」したものとなっています。この作品は『赤い鳥』掲載後も『孔子さまと琴の音』(増進堂、1943年)など、何度か童話集に収められています。ここでは、『赤い鳥』掲載時の文章をテキスト化したものを載せたいと思います。

テキスト化にあたっては、表示の関係で「々」以外の踊り字は通常の文字になおし、ルビを省略してありますが、その他のかなづかいや、使用されている語句等につきましては、そのままにしてあります。そのため現在の基準からすると不適切な表現も見られますが、あらかじめご了承ください。

なお、伊藤貴麿及び、「虎の改心」についての詳細は、是非『赤い鳥事典』でご確認ください(笑)。

虎の改心     伊藤貴麿

   一

 昔支那の趙城といふところに、正直な一人のお婆さんが住んでをりました。もう年は七十二三で、よぼよぼしてゐましたが、その獨り息子が大へん孝行者だつたので、安樂にこの世を送つてゐました。
 所がある日、その息子が山へ登つたきり、ふつつりとどこへ行つたものか姿が見えなくなりました。お婆さんは每日々々悲しみに暮れて、可愛い息子の歸りを待つてゐましたが、とうとう歸つて來ませんでした。多分、近所の山に住んでゐる、恐しい虎に喰はれたのであらうといふことでした。お婆さんはいつ迄も泣き悲しんで、近所の人も慰めやうもない有様でした。
 或日、お婆さんはもう氣違ひのやうになつて、町のお役所へ駆け込んで、わんわん泣いて、お役所の長官に訴へました。
「お婆さん、お氣の毒ぢやが、虎にはどうも法律はあてはめられんからなァ。」
 長官はうるささうにかう言つて、お婆さんに取り合ひませんでした。お婆さんは淚ながらに、長官の袖にすがつて、どうしても放しません。
「うるさい奴ぢや。こりやこりや、この婆ァを追ひ出してしまへ。」と、長官は怒つて呶鳴りましたが、
「お願ひでございます。お慈悲を下さりませ。」と、お婆さんは體を震はし、ぢだんだ踏んで泣き叫んでやみません。長官も困りはてましたが、正直さうな可哀さうな、こんな年寄りに、ひどいことも出來ませんので、とうとう虎狩りをすることを約束しました。が、お婆さんは、虎狩りの命令書が出るまではどうしても歸らないと言つて動きません。仕方がないので長官は左右にゐた役人共に申し渡しました。「どうぢや、お前たちの內に、虎を生捕りにして來る者はないか。」
 すると、「高が虎一匹、俺樣が出掛けりや譯はねえ。」と、長官の側にゐた、その日何かのお祝ひの酒に醉つぱらつてゐた一人の役人が申しました。そこで長官は、虎狩りの命令書を書いて、その男に下げました。お婆さんは喜んで、何度も何度も、お禮を言つて歸つて行きました。

   二

 その役人は、家に歸つて、酒が醒めてから、命令書の事を思ひ出して眞蒼になつて慄へ上りました。が、これはきつと、長官がお婆さんの前で、一時しのぎに餘儀なくしたことに違ひないと思ひ直しました。そして、翌る朝役所に出るとすぐに、長官に命令書を返上しようと致しました。すると、長官は眞赤になつて彼を睨み附けて
「こりや、貴様は昨日、あれ程の大言を吐いたぢやないか、この橫着者め。一たんお上が命令書を出して、それを引つ込められると思ふか。」と、大へんな劎幕で叱り付けました。役人は縮み上つて、爲方なく大勢の獵師を雄めて、しぶしぶ虎狩りに出ることになりました。
 彼は每日每夜、山を駈けたり谷に寝たりして、虎を搜しましたが、なかなか見つかりませんでした。
それかといつて、歸つて來れば、長官が鞭で、びしびし打つにきまつてゐますので、どうすることも出來ません。一月餘りも一生懸命に狩り暮したあげく今はもう望みも絕えてしまひました。或日、途方に暮れた彼は、山のお社の前に獨り額づいて、悲しげな聲を絞りながら、絕え入らんばかりにお祈りして虎を授るやうに願ひました。
 暫くして、彼がやつと身を起して、お社の門を出ようとしますと、不思議や、突然虎が立ち現れて、こちらへのそのそと近附いて參ります。彼はびつくりして立ちすくみ、わなわなと慄へ出しました。しかし、虎は別に飛びかからうとはしないで、そこにおとなしくうづくまつて、彼の方を何か意味有りげにぢつと見上げてゐました。それで彼もだんだん氣が落着いて來て、わざと威高げになつて申しました。
「こりや、こないだ人を喰つたのは貴様だらう。さあ、さつさと俺の繩にかかつてしまへ。」
 實は彼は、虎に打ちかかつても、とても勝てさうになかつたので、慄へながら空威張りにかう言つて見たのです。すると不思議なことに、虎は眼を伏せて首を縦に振り頷いて見せました。そこで彼は、おづおづと近附いて、びくびくしながら繩をかけました。引き立てて見ますと、まるで犬のやうにおとなしく彼について步き出しました。
 彼はその虎を引いて山を下り、長官の前へ出て、長官にこの不思議な話を致しました。
 長官は虎を柱に縛つて置いて、早速お婆さんを呼びにやりました。お婆さんは喜んで飛んで來て、
「さあ、仇敵を打つて下さい。虎を殺して下さい。」
と、虎を見て一づに急き込んで言ひました。しかし長官は、山のお社にお祈りしたら、虎が自分から出て來て、おとなしく縛られたといふ話を聞いてゐますので、うつかり早まつて虎を殺すことは出來ないと思ひましたので、虎によく言つてきかせるやうに口を開きました。
「お前は、人を喰ひ殺せば、又お前も殺されることを知つてゐるだらう。」
 すると、虎はちやんとその言葉が解つたやうに、しきりに首を振りました。長官はますます不思議に思つて又言ひました。
「お前は一人の男を喰ひ殺したばかりぢやないぞ。このお婆さんは、可愛い息子をお前に喰はれたので、もう生きてゐる甲斐もないのぢや、それに息子を失へばもう誰もこのお婆さんを養ふ者もないのぢや。」
 かう長官が虎に言つてきかせますと、虎は後悔したやうに、だんだん頭を下げて、面目なささうに小さくなつてうづくまりました。長官は世にも不思議なことがあるものだ、この虎はきつと山の神様の家來に違ひない、と思つて、どうか命だけは助けてやらうと思ひました。それで、
「こりや、お前は、お前の喰つた息子の代りになつて、このお婆さんが養へるかどうぢや。もし、きつと養へると誓へば、放してやるがどうぢや。」
 すると、虎は又頷きました。それで長官は家來に命じて、虎の綱を解いて、自由にしてやりました。虎は幾度も振り返り振り返り、のそのそと山の方へ歸つて行きました。すると、お婆さんは躍起になつて、
「どうぞ、仇敵を取つて下さい。虎を殺して下さい。」と、せがみましたが、長官は色々となだめて、いつ迄も繰り言を言つてゐるお婆さんを、無理やりに追つ拂つてしまひました。お婆さんは爲方なく、しぶしぶ自分の家へ引取りました。
 あくる朝、お婆さんが家の戶を開けますと、門口に生々しい鹿の死骸が橫になつてゐました。お婆さんはびつくりしましたが、よく考へて見ると、それは昨日の虎が持つて來てくれたに違ひありません。お婆さんはその鹿の肉や皮を賣つて、暮しのお金を得ました。それからも、時々色んな獸がお婆さんの門口に置かれるやうになりました。お婆さんはそれを賣つては、お金に換へますので、前に息子が働いて養つてくれた時よりも、暮しは却つて豐になつてお金も溜るやうになりました。それでお婆さんは、虎を自分の息子のやうに可愛がるやうになりました。虎も時々、晝の間でもお婆さんの所へやつて來て、一日中軒の下などに寢たりしてゐるので、しまひには、近所の人も、犬や猫なども、虎をちつとも恐がらないやうになりました。
 四五年經つて、お婆さんが死んだ時には、溜つてゐたお金で、立派な葬式が出た程でした。葬式の日町の人たちがお婆さんの死骸を立派な棺に納め、大勢で擔いで郊外へ行き、土饅頭を拵へて、いよいよ棺を納めようとしてゐますと、二三日前から姿を見せなかつた虎が、急に山からまつしぐらに飛んで來て、みんなの間にばつと飛込みました。みんなは思はず、あつと聲をあげて逃げまどひました。と、虎はいかにもしほしほとして、塚の前に這つて行つて「ウオウウオウ。」と、悲しげな聲を張り上げて嗚きました。そして一と晩中、嗚き續けてゐました。その何とも言へない悲しい聲は、町中によつぴて轟き渡つてゐました。
 その後、虎はどこへ行つてしまつたのか、町の人は誰も姿を見なかつたさうです。今でも、この趙城へ行くと、町の東のはづれに、この虎を祭つた、「義虎祠」といふお堂が建つてゐるさうです。(をはり)


2017年を振り返る【研究・教育編】

「振り返る」シリーズ【研究・教育編】、5回目になりました。
(これまでの記事:2013年 / 2014年 / 2015年 / 2016年

さて、2017年は研究面では、これまでに書いた原稿がいろいろな形になった一年でした。

まず論文は、「近現代日本の児童書における西遊記受容-「河童の沙悟浄」から見た-」(『中国児童文学』第24号、2016.12.25、pp.29-51)。実際に刊行されたのは今年に入ってからです。

そして、翻訳。浄慧法師の『中国仏教と生活禅』(山喜房佛書林、2017.02.23)が刊行されました。私は第3章と第4章の1~4を担当しました。
[amazonjs asin=”4796305777″ locale=”JP” title=”中国仏教と生活禅”]
それ以外に私の文章が掲載されたものとしては、『中国文化事典』(丸善出版、2017.04)があります。私が書いたのは「金聖歎の文芸批評」の項目です。
[amazonjs asin=”4621301179″ locale=”JP” title=”中国文化事典”]
上記の原稿を書いたのはほとんど昨年以前だったと思いますので、今年は比較的楽でした。ただ、今年楽した分、来年はちょっと大変です。一応某事典の項目を書いた原稿を出してありますので、それは来年形になると思いますが、肝心の西遊記受容研究は、口頭発表した内容が、論文が執筆できる段階まで今年中に進まなかったので、来年には投稿までいけるようにしなければなりません。方向性は決まっていますので、時間や予算と相談しながら着実に進めたいと思います。

本サイトでは、「僕たちが読んだ西遊記」に「キャラクターの変遷 ―― 日本で生まれた「河童の沙悟浄」を追う」を掲載できたのは良かったのですが、去年の「振り返る」で宣言していた「作家でたどる児童書西遊記」部分の開始は果たせなかったので、来年こそ開始したいと思います。

教育面では昨年から担当させていただいる中国小説史の授業のテキスト(配布プリント)を大幅改訂できたのが収穫でした。もう1、2年、授業をしながら修正を加え、書籍の形にできればいいなと考えています。

皆様にとっても来年が良い一年となりますように。


2017年を振り返る【読書編】

 今年は活字の本をあまり読んでおらず、記録に残っているのは57冊のみでした。

 小説の中で良かったのは、恩田陸『蜜蜂と遠雷』、住野よる『君の膵臓をたべたい (双葉文庫)』あたりでしょうか。ベタですが。

 論説(新書)では、斎藤美奈子『文庫解説ワンダーランド (岩波新書)』、佐々木敦『ニッポンの文学 (講談社現代新書)』、大野茂『サンデーとマガジン~創刊と死闘の15年~ (光文社新書)』、島内景二『中島敦「山月記伝説」の真実 (文春新書)』など。本の本ばっかりやん。

 マンガ部門では、『響~小説家になる方法~』。衝撃度が半端なかったです。ebookjapanで電子化されていないので、まだ第8巻を読んでいないのですが、今後どうなるのでしょうか。
[amazonjs asin=”B00WW8ITGU” locale=”JP” title=”響~小説家になる方法~(1) (ビッグコミックス)”]
 マンガ(ギャグ)部門は『セトウツミ』を推したかったのですが、最終巻でギャグマンガではなくなってしまいました。どうしよう。でもまあ、それまでの巻が笑えたのは間違いないので(とくに2巻のゴリラのやつ)、そのままにします。
[amazonjs asin=”4253220495″ locale=”JP” title=”セトウツミ 1 (少年チャンピオン・コミックス)”]
 完結したと言えば、去年取り上げた『BLUE GIANT』も完結しましたが、凄かった。続編『BLUE GIANT SUPREME』も好調なようです。『図書館の主』も完結しましたね。
[amazonjs asin=”B06XK8D5BX” locale=”JP” title=”BLUE GIANT SUPREME(1) (ビッグコミックススペシャル)”]
 次男と親子共々はまったのは、いまさらながら『弱虫ペダル』。現在、主人公2年生時のインターハイが始まったところまで読みました。これも続きが楽しみ。
[amazonjs asin=”B00AQY7FMQ” locale=”JP” title=”弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)”]
 以上、今年読んで良かったと思った本でした。来年も、楽しくいろいろ読める一年になるといいなと思います。


僕たちが読んだ西遊記 -日本児童書西遊記史-

およそ3年ぶりに、児童書西遊記のコーナーに新規の記事を追加しました。
コーナー全体のタイトルも「僕たちが読んだ西遊記 -日本児童書西遊記史-」と改めました。
http://guanhua.jp/saiyuki/

今回の投稿は「第3章 キャラクターの変遷 - 日本で生まれた「河童の沙悟浄」を追う」の第1話で、今後週1回ぐらいの頻度で投稿できればいいなと考えております。この章では、日本にしかない「沙悟浄=河童」という認識が、いつごろから、どのような背景のもとで児童書に浸透していったのか?そもそもどの程度浸透しているのか?といったことなどについて書きたいと思います。

初回は“「河童の沙悟浄」という認識”というタイトルで、第3章の内容の前提として、沙悟浄は中国では(原典も現在でも)河童じゃないんだよ、ということを書いています。
http://guanhua.jp/saiyuki/1-3-01/

この章の元ネタは『中国児童文学』第24号に掲載された「近現代日本の児童書における西遊記受容-「河童の沙悟浄」から見た-」と、昨年11月に高知でおこなった講演です。

よろしくお願いいたします。