『SOSの猿』-中野先生-『SARU』

 伊坂幸太郎さんの『SOSの猿』は、孫悟空が大きな役割を果たす作品で、悟空の他にも二郎真君、蠍の妖怪、牛魔王、お釈迦様の掌の話など、『西遊記』のいろいろなキャラやエピソードが使用されています。

 この小説には、上記のエピソードの他、『西遊記』第36~40回にあたる、烏鶏国の話も使われています。が、烏鶏国の話、どちらかというとマイナーな話で、児童書における採用率は、原作で直前に位置する「金角・銀角」よりもずっと低くなっています(サイト「子どものための西遊記」で、2013年5月14日までに調査した181冊中、金角・銀角の話が92冊で取り上げられているのに対し、烏鶏国の話を取り上げている本は20冊)。だから作中で「『西遊記』の烏鶏国の巻を読んだことがないものに説明すれば、こういう話だ」云々と、あらすじを説明しなければいけなかったのでしょう。

 実際、参考文献として挙がっている児童書、渡辺仙州さん編訳の『西遊記』上・中・下(偕成社、2001年)には、烏鶏国の話は出てこないようです。ですので、伊坂さんが烏鶏国に関する部分を書いた時には、大人向けの翻訳、これも参考文献に挙がっている中野美代子先生訳の『西遊記』全十冊(岩波文庫)を参考にしたのではないかと思われます。伊坂さんはこの作品と対になるコミック『SARU』の作者、五十嵐大介さんとの対談の中で、「『西遊記』は子供向けしか知らなかった。それで岩波文庫版を買って読んだら面白くて」と、いっていますが、その「面白かった」話が烏鶏国だったのかも。

 「対になる」五十嵐大介さんのコミック『SARU』の方は、西遊記のプロットや小道具をふんだんに使っているというよりも、孫悟空という存在や、その術である「身外身」(毛を吹いて分身する術)が持つ、社会的・思想的な意味を、核の一つ(もう一つの核は「悪魔祓い」)にしているような作品でした。「社会的・思想的な意味」の内容に関しては、上記の対談に以下のような箇所があり、こちらも中野先生(ただしこちらは翻訳よりも解説書の方)の影響を受けているようです。

NHK教育の「人間大学」という番組で、中国文学者で作家の中野美代子さんが『西遊記』をテーマに講義をやったんですね。そのテキスト『孫悟空との対話』(日本放送出版協会)を読んだら、『西遊記』の成立の過程とか、陰陽道による読み解き方とか、キャラクターの関係性とかがすごく面白かった。

 なお、この『SOSの猿』と『SARU』という二つの作品、「対となる」というだけあって、片方だけ読んだだけだと、多分「なんのこっちゃ」となりそうな箇所がいろいろあります。やはり両方読んだ方がずっと解りやすいし、楽しめるような仕掛けになっているようです。

※ 2016.09.06 Amazonリンク訂正。


中国小説関連モノの認知度(その3)

[その1]はこちら 、 [その2]はこちら です。
中国関係の20項目についてのみ、再調査(60人)を行い、最初の55人と合わせた結果は以下の通りです。
 アンケートその2(20項目) (pdf ファイルです)
「山月記」はかなり盛り返しました。後で追加調査した学校は進学校出身者が多そうなのですが、そのような学校ではよく取り上げられる教材なのでしょうか。確かに進学校の高校生の心の琴線に触れそうですもんね。「臆病な自尊心と尊大な羞恥心」。「故郷」や「杜子春」も上がりましたが、そこそこという感じ。「チャイニーズ・ゴースト・ストーリー」(「聊斎志異」)や「蒼天航路」(「三国志演義」)あたりは、やはり知られてはいないようですね。時代でしょうか。
とにかく、中国小説を説明するのに、別のメディアで取り上げられたものでイメージしてもらおうとしても、あまり効果はなさそうです。西遊記のようにTVドラマでやってくれたりするといいのですが...。業界の皆さん、いかがでしょうか?当たらなかったとしても、原作料は節約できますよ。


中国小説関連モノの認知度(その2)

[その1]はこちらです。
さて、映画やTV、漫画や小説など様々な「物語」受容に関するアンケート、結果はこうなりました。
 アンケートその1(60項目) (pdfです)
「ドラえもん」「ちびまる子ちゃん」「クレヨンしんちゃん」など、今でも続いているTVアニメは認知度が高いです。「ワンピース」もこのくくりにはいるのかもしれませんね。宮崎アニメやディズニー映画(今回は「トイ・ストーリー」だけでしたが)、「ハリーポッター」も認知度が高いです。逆に過去に一世を風靡していても、少なくとも18歳前後の人たちが子どもの頃(今世紀に入る頃)までは続いたものじゃ無いと、確実に認知度は下がっています。その他、いろいろと興味深い結果になった部分もありますが、以下割愛。
そして、中国関連ですが、なかなか残念な結果でした。香取真吾が孫悟空を演じた西遊記の記憶はまだ新しいのか、そのドラマは8割以上の人が内容を把握(見たことがあるか、だいたいの内容を知っている)しており、そのおかげか中国小説の西遊記も多少善戦しておりますが、内容把握は2割未満。吉川英治の小説や横山光輝の漫画「三国志」も同じくらいの認知度です。
中国映画はもう少し見られているかと思ったのですが、「レッドクリフ」がようやく2割程度の内容把握、「覇王別姫」・「初恋の来た道」・「海角七号」は見られていませんねえ。一番認知度が高かったのが「少林サッカー」で半数程度の人が内容を把握していました。さすが周星馳先生です(でも、「詩人の大冒険 」という『警世通言』が元ネタと思われる映画は知られてなさそうですが...)。
個人的に意外だったのが、「山月記」、「杜子春」、魯迅「故郷」の認知度の低さ。「故郷」なんて、教科書で取り上げすぎっていわれているのに...。同じく取り上げすぎと言われている「走れメロス」に大きく差をつけられています。「山月記」も私達の世代は教科書に載っていた思うのですが、今は外されているのでしょうか。
このへんにちょっと納得がいかなかったので、もう1クラス、別の学校(偏差値は高め。ただし理系)の学生さんたち60人にご協力いただき、中国関係の20項目についてのみ追加調査を行いました。
[その3に続く]


中国小説関連モノの認知度(その1)

現在、私の仕事のほとんどが中国語を教える事ですが、1コマだけ中国の歴史と文化を教える授業を担当させてもらっています。
後期は文化、とはいっても中国文化全般を教えるには時間も技量も足りないため、いきおい自分の専門である古典小説の授業をするということになります。古典小説は、中国文化の中では学生さんたちにとって比較的親しみのあるジャンルではないかとは思うのですが、それでも知らないものが多いようなので、授業の中ではドラマや映画、コミックなど、より親しみやすいメディアの作品と関連づけて説明します。「あのレッドクリフの三国志演義」とか「何年か前に香取真吾が孫悟空をやっていた西遊記」とか、なるべくイメージしやすいようにしている訳です。
ところがある日、ふと不安になりました。知っていると私が思っている作品(ドラマや映画の方)を、受講生の皆さんは本当に知っているのだろうか?と。
そこで、中国小説の超メジャーなものや、それを元に作られた映画・ドラマ・漫画・小説などについて、認知度を調査してみることにしました。ただ、せっかくなので、以下のようなものも含め、60項目についてアンケート調査を行いました。小説の授業をやっているクラスが女子大なので、内容はやや女子向けに偏ったかもしれない内容になっています。
  1.これは誰でも知っているだろうと思うアニメや映画
    「ドラえもん」や「ハリーポッター」、宮崎アニメなど
  2.最近話題なんじゃないの?と思っているコミックや小説
    「君に届け」や「1Q84」など
  3.一世を風靡したけど知ってるかな?という作品
    「巨人の星」や「ドラゴンボール」、「セーラームーン」など
  4.中国関連で割と知られてそうな映画や小説
    「覇王別姫」や魯迅の作品など
アンケート内容はいたってシンプルで、これら60項目の作品について、
  1.知らない
  2.聞いたことはある
  3.だいたいの内容を知っている
  4.読んだことがある
という4段階で答えていただきました。答えていただいた学生数は2クラス55人。どちらも1年生のクラスなので、だいたい18歳+0~数歳の年齢の人が答えています。
[その2に続く]


三国志演義の世界


 唐宋伝奇の講義を終えたら、いよいよ白話小説。まずは『三国志演義』です。

 『三国志演義』を概説した必読書といえば、金文京『三国志演義の世界』(東方書店)ですが、この本、今年五月に増補版がでています。
 1993年に出た初版との違いについて、金先生は「再版あとがき」で、

再版では、この十七年間における研究の進展をできるだけ反映させるとともに、韓国語版で増補した日本と韓国における『演義』受容の状況を、第九章としてあらたに書きたした。ただし韓国語版を全面的に改稿したもので、内容は同じでない。

と、書かれています。ちなみに、第九章タイトルは「東アジアの『三国志演義』」で「朝鮮半島の『三国志演義』」「日本の『三国志演義』」「『三国志演義』主要テキスト一覧」の三項から成り立っています。

 また、目次を見ると、第七章「『三国志演義』の出版戦争」に「『三国志演義』と受験参考書」という項目があり、これも書き足された部分だと思われます。

 試みに、第二章「『三国志』と『三国志演義』…歴史と小説」(p.16-52)に、ざっと目をとおしてみますと、5,6箇所ほど初版と異なる箇所が見つかりました。例えば初版で、

『演義』の現存するもっとも古いテキストである明代の嘉靖本『三国志通俗演義』では、…(p.25)

と、なっている箇所が、増補版では、

『演義』の現存するもっとも古いテキストである明代の嘉靖元年序刊の『三国志通俗演義』(従来、この本は嘉靖本とよばれてきたが、本書では同じく嘉靖年間刊行の葉逢春本と区別するため、以後、序文作者の名をとって張尚徳本とよぶことにする)では、…(p.21)

となっていますが、これなどは「あとがき」でいう「研究の進展を反映」させた箇所でしょう。

 他には初版で、

それは『魏書』という書物に見える話で、そこでは呂伯奢の家族が曹操をおどして、馬と荷物をとったので、曹操はやむなく彼らを殺したということになっているのである。先の話とはまるであべこべであろう。 / 『三国志』の注は両説を並記するだけで、どちらが正しいとも言っていない。しいて言えば、先にあげた『魏書』の方に重きがあるであろうか。しかし『演義』は後者の話の方をとった。その理由は説明するまでもないであろう。(p.41)

と、なっている箇所を増補版では、

それは王沈の『魏書』に見える話で、そこでは呂伯奢の家族が曹操をおどして、馬と荷物をとったので、曹操はやむなく彼らを殺したということになっているのである。先の話とはまるであべこべであろう。『三国志』の注は両説を並記するだけで、どちらが正しいとも言っていない。しかし王沈の『魏書』は、曹操や魏に都合のよい記述が目立つ書物であり、『演義』がこれを採らなかったのは当然であろう。(p.37)

と、するように、初版と説明を変えたり、丁寧にした箇所がいくつかありました。

 本文の活字も少し大きくなっており、全体的に読みやすくなった印象です。
なお、貫華庵>ネット目録>三国志演義>関連書籍の項にも、この「増補版」を入れておきました。

※ 2016.09.06 Amazonリンク訂正