貫華齋

西遊記・金聖歎・中国古典小説

ブログ

『中国文化事典』


丸善出版より『中国文化事典』が刊行されました。
(出版社のサイトはこちら)
1テーマごとに見開き(項目によっては4頁)で完結する形式なので、いろいろと使えそうです。

また、「隋唐演義と楊家将演義」「メロドラマと武侠小説」(第5章文学)など、調べるというより読んでみたい項目がたくさんありますね。第7章芸能の「近現代ポピュラー音楽史」「テレビドラマ」、第8章生活の「トイレ」「ゲテモノ食い」「ゲームと賭け」などにも興味が引かれます。

なお、私も第5章文学の「金聖歎の文芸批評」という項目を書かせていただいております。
図書館等に入るのは少し先かもしれませんが、どこかでご覧いただけましたら、よろしくご指正の程、お願いいたします。

『中国仏教と生活禅』


私も翻訳に携わらせていただいた、浄慧法師著『中国仏教と生活禅』が山喜房佛書林から刊行されました。

以前に訳した『生活禅のすすめ』が概説書だったのに対し、これ(原題は『中国仏教与生活禅』)は論文・法話・スピーチを集めたものですので、こちらの方が専門性が高いはずなのですが、少なくとも私が担当した範囲(「三、生活禅サマーキャンプと若者」と、「四、禅修のあり方」の1~4)について言えば、むしろこちらの方が理解しやすかったような印象があります。
担当した範囲に一般向けの法話が多かったからかもしれませんが。

ボリュームがある分(約600ページ)、前作より値段が高くなってしまいましたが(¥8500+税)、興味がありましたら、お手にとっていただければ嬉しいです。

現在のところ、まだAmazon等のネット書店には出ていないようですので、お近くの書店か出版社にご注文ください。お近くに購入希望を出せる図書館がある場合は、リクエストしていただくという手もありますね。

何卒、よろしくお願いいたします。

目次は以下の通りです。

一、仏教の現代的意義
 1 真理と機縁にかなう現代仏教
 2 人類の自己完成を促進させる三つの回帰
 3 人間仏教は戒を師とする -太虚大師の人間仏教思想を学んで-
 4 道徳建設における仏教の役割
 5 人間性を高め、仏性へ回帰する

二、中国禅と生活禅
 1 試みに慧能思想の特色を論ず
 2 敦煌写本『壇経』は「最古」の『壇経』か?
 3 慧能得法偈の再検討
 4 『六祖壇経』と生活禅
 5 無門の門 - 禅堂講話
 6 趙州禅の特色
 7 無門関よもやま話

三、生活禅サマーキャンプと若者
 1 仏法・生活禅・サマーキャンプ
 2 大乗・小乗・生活禅 - 生活禅サマーキャンプでの講演
 3 第一回生活禅サマーキャンプ法座
 4 第八回生活禅サマーキャンプ開会式講話
 5 生活禅は大法門である
 6 生活禅、禅生活

四、禅修のあり方
 1 禅堂講話
 2 禅七講話
 3 禅意三題
 4 理悟と事修

 5 いかに話頭に参ずるか
 6 禅観十善
 7 禅修法座
 8 念仏と調五事

五、人問として如何に生きるか
 1 人生修養の四大選択
 2 生き方の六つの規準
 3 居士六法
 4 六自口訣
 5 在家の信徒が仏の教えを学ぶことについて
 6 国土の荘厳 衆生の浄化

六、戒律の現代的意義
 1 戒律を制定する十大意義
 2 僧団に溶け込む 僧団を立てる
 3 当代僧侶の職志

七、越境する生活禅
 1 フランス枢機大主教リュスティジェ(Jean-Marie Lastiger)氏との対話
 2 フランスの夏爾梅耶氏との対話
 3 「中国仏教文化展」の記者招待会のインタビュー
 4 読者からの問い -寺院のビジネス、素食、拝観料などの問題について-
 5 日本茶道文化学会(茶の湯文化学会)会長倉沢行洋先生との対談(適用)
 6 問禅寮十四答

解説 何燕生

2016年を振り返る【研究・教育編】

こちらは数年前からやっている、「振り返る」シリーズ【研究・教育編】です。

研究面では、「河童の沙悟浄」の一年でした。
過去に口頭発表していた「沙悟浄の河童化」に関する論文をようやくまとめ、投稿しました。来年中には雑誌に載るのではないかと思います。また、年末には高知県立大学の講演にも呼んでいただき、これを翻訳という面からお話させていただきました。

それ以外では、「宇野浩二の児童書西遊記」という数年前に投稿した論文が載った雑誌が、ようやく刊行されました。これを機に、来年からは、作家の翻訳した西遊記に関する論考を進めていきたいと思います。また、本サイトの「ぼくらの西遊記」も「作家でたどる児童書西遊記」の部分を開始したいと思います(3月ぐらいの予定)。

教育面では久しぶりに中国小説史の授業を担当させていただいたのが、おおきな出来事でした。たいへんではありますが、やっぱり勉強になりますね。来年も開講されましたら、今年の経験を踏まえ、さらに内容を充実させたいと思います。

今年も皆様には大変お世話になりました。来年も何卒よろしくお願いいたします。

2016年を振り返る【読書編】

昨年に引き続き、今年も「振り返る」の読書編を。昨年は100冊読めるかどうか判らないと書いていましたが、今年(2016年)はちゃんとメモをつけておいたので、百数冊程度読んだことが判っています。

相変わらず、文庫になり、かつ電子書籍にもなっているものばかり読んでいたのですが、その中でベストをあげるとしたら、これではないかと思います。


同じ作者の『桐島、部活やめるってよ』で高校生の心象風景を描いたような感じで就活生の心象風景を描くのかと思いきや、(以下ネタバレ)いきなり主人公が突き落とされる展開なのですが、主人公に感情移入していると読者まで巻き込まれるというか、とばっちりで(?)罵倒されるというのがなかなか衝撃的でした。騙されたり、主人公の悲惨な境遇に心炒めるという読書経験はよくあるのですが、この「巻き込まれる」感覚は新鮮でした。映画はまだ見ていないのですが、そのうち見てみたいと思います。

その他、小説では、辻村深月『凍りのくじら』、恩田陸『チョコレートコスモス』、朝井まかて『恋歌』、綿矢りさ『勝手にふるえてろ』、伊坂幸太郎『ガソリン生活』などが面白かったと記憶しています。『ガソリン生活』はこの作者にしては驚きの展開ではなかったのですが(なんども驚かされているので、どうしてもハードルが上がってしまいます)、登場人物(というか登場車)のセリフが絶妙でした。

論説では、Kindle Unlimited の時に書いたもの以外では、加藤徹『漢文の素養~誰が日本文化をつくったのか?~』、三上延・倉田英之『読書狂の冒険は終わらない!』、三田誠広『日本仏教は謎だらけ』、齋藤孝『誰も教えてくれない人を動かす文章術』などが、勉強になったり楽しかったりしました。

マンガ部門では、これをベストにしたいと思います。


児童書専門の私立図書館の司書が、本を紹介することでいろんな人達の悩みを解決に導くという、ある意味「美味しんぼ」的な話(いわゆる蘊蓄もの)なのですが、私がちょうど児童書に興味があるのと、「美味しんぼ」よりも話がしっかりしているので楽しめました。

もう一つ挙げたいのが、これです。


仙台x音楽x石塚真一で外れるわけがないですね。

その他、ギャグマンガでは、これを推したいです。


ゲテモノを食べたい、食べさせたい高校生と、それに巻き込まれる先生の話なのですが、とにかくボケもツッコミもツボです。

その他、Kindle Unlimited の時に挙げたバーナード嬢曰く。も、やはり面白いです。私も楽して読書家ぶりたい。

以上、今年私が楽しませてもらった本たちでした。
気になったものがありましたら、是非読んでみてください。

Kindle Unlimited

Amazonの読み放題サービス、Kindle Unlimitedに登録して2ヶ月になりました。
そこで、ちょっとした感想など。

まず、「書籍購入代が安くなるのでは?」という期待を少し持っていたのですが、そうはなりませんでした。
読みたい本がkindle本にはなっていても読み放題の中に入っていないことも多く、結局買ってしまうので。

それでも登録したまま続けているのは、買おうかどうしようか少し迷うような本を「ハズレでもいいや!」と気軽に読めるのが、なかなか良いからです。例えば、啓発本は普段あまり買わないのですが、Kindle Unlimitedでは時々読んでいます。もちろん中には「アタリ」もありました。
有名なものだと思いますが、次に挙げるような本は個人的には面白かったです。
ただし、片づくようになったり、プレゼンテーション(授業)が上手くなったり、夢がかなったりしたかというと、それはまた別の話です。
あ、あと最後の『夢をかなえるゾウ』は、現在(2016.11.14)読み放題の対象じゃなくなっているみたいですね。



マンガはそれほど読んでいませんが、これはツボでした。多分そのうち買うでしょう。

それから、ちょうど夏に台湾からの来客があり「仙台の事も知っておかないと」という気分になっていたので、ガイドブックなんかも読みました。これが良かったと思います。

あとは、雑誌ですね。物欲を刺激するこの雑誌が気に入っています。バックナンバーが気軽に読めるのも、電子書籍+読み放題のいいところです。

と、いうわけで、このKindle Unlimited、「もう読むものが無いぞ!」という状況になるまでは、続けることになると思います。