南投市郊外の観光地

今回の台湾帰省では、妻の友人(日本人)が、南投市を観光したいというので、南投市郊外にある観光地に行ってみました。

まずは微熱山丘(サニーヒルズ)。
https://www.sunnyhills.com.tw/store/zh-tw/

特徴的な形状のパイナップルケーキで人気を集め、現在では東京にも店を構える微熱山丘ですが、本店は南投市郊外の山の中、パイナップル畑が多い地域にあり、その敷地内ではお茶とパイナップルケーキ1個の試食セットが提供されています。

お茶もパイナップルケーキも美味しいです。微熱山丘のパイナップルケーキは時々食べていますが、できたてのせいかいつもより更に美味しく感じました。

試食と買い物を終えて、敷地の裏にまわると「村民市集」という地元の産品のマーケットがあり、ここでも買い物ができます。

次に猴探井という地域へ。ここの「天空之橋」という吊り橋を観光しました。

なかなか長さがあります。

横からみるとこんな感じ。

この猴探井には、他にも遊べるところがあります。
翌日は、妻の従兄弟の家族と「天空之橋」のすぐ近くの「景観餐廳 星月天空」というところへ行きました。
http://0492292999.emmm.tw/?ptype=info

動物が居て、滑り台やブランコなどの遊具があり、くつろいで風景を見るハンモックや椅子も設置されています。

昼にも、山の景色をみたり、空を見上げてくつろぐことはできますが、夜に来ると夜景や星が(天気によっては)よく見えるらしいです。「景観餐廳」の名前のとおり、もちろん食事もできます。

入場料は平日100元、休日150元かかりますが(「天空之橋」は50元)、子供を連れてきて遊ばせるにはいい場所で、日曜ということもあって駐車場はほとんど埋まっていました。
帰宅後、次男は疲れて寝落ちしてました。


2018年を振り返る【読書編】

今年はとにかく本の読めない年で、おそらく20冊程度しか読んでいないと思われます。
その中で、今年の読書メモを調べてみると、「良かった」「面白かった」と書いてあるものが以下の3点などでした。


そして「泣けた」と書いてあるものが、『空飛ぶ広報室』などでした。「知ってた」と言われそうなものばかりですね。

小説以外では、今年、久しぶりに中国古典小説研究会に出るにあたって、未読だった『中国古典小説研究の未来』を読んでみたのですが、自分が参加する以前の古典小説研究会についての話が興味深かった上に、孫遜氏の「近三十年の中国古典小説研究における視野の広がりについて」のように、中国における古典小説研究の流れを日本語でまとめた文章が、とても勉強になりました。

コミックは、昨年の『弱虫ペダル』のように、次男と一緒に読みはじめたものが多く、その中では、この2つが面白かったです。世間の評価も高いやつですね。


一人で読んだもので、今年新たに読んだものの中で良かったのは、以下の2点でしょうか。

来年はもっといろいろ読めるといいなと思います。


2018年を振り返る【研究・教育編】

「振り返る」シリーズ【研究・教育編】6回目です。
(これまでの記事:2013年 / 2014年 / 2015年 / 2016年 / 2017年

教育面ではあまり例年と変化無く、粛々と授業をこなした感じです。

研究面では、久しぶりに中国社会文化学会と中国古典小説研究会に出席し、ご無沙汰していた方々や、お名前だけ存じ上げていた方々にお目にかかる機会ができました。日本中国学会には昨年も出席しましたが、今年は東京開催だったせいか、やはり懐かしい方々にお目にかかることができました。また、ここのところ翻訳研究の方面にばかり目を向けていたので、久しぶりに本流の中国文学研究の発表を聴いて、その進歩と面白さに触れられたのも収穫でした。

Price: ¥ 14,040
執筆したものとしては、『赤い鳥事典』の「伊藤貴麿」の項目があります。おそらく、「西遊記翻訳史における伊藤貴麿の位置」(国際文化研究21、2015年)があったためだと思いますが、思いがけない依頼でした。伊藤貴麿に関しては、本サイトでも関連資料として翻訳をいくつか掲載しましたし、2019年には数本の原稿を書く予定もあります。

最後に本サイトについてですが、「台湾の児童書西遊記」を同じサーバー内に別サイトとして立ち上げました。その一方で、メディアマーカーが1/20にサービスを中止することが発表されました。「子どものための西遊記」はこのサービスを利用させていただいていますので、2019年はこのデータの引っ越しをはじめ、データの整理をいろいろとしていかなくてはならない年になりそうです。

引き続き、よろしくお願いいたします。


2017年を振り返る【研究・教育編】

「振り返る」シリーズ【研究・教育編】、5回目になりました。
(これまでの記事:2013年 / 2014年 / 2015年 / 2016年

さて、2017年は研究面では、これまでに書いた原稿がいろいろな形になった一年でした。

まず論文は、「近現代日本の児童書における西遊記受容-「河童の沙悟浄」から見た-」(『中国児童文学』第24号、2016.12.25、pp.29-51)。実際に刊行されたのは今年に入ってからです。

そして、翻訳。浄慧法師の『中国仏教と生活禅』(山喜房佛書林、2017.02.23)が刊行されました。私は第3章と第4章の1~4を担当しました。
[amazonjs asin=”4796305777″ locale=”JP” title=”中国仏教と生活禅”]
それ以外に私の文章が掲載されたものとしては、『中国文化事典』(丸善出版、2017.04)があります。私が書いたのは「金聖歎の文芸批評」の項目です。
[amazonjs asin=”4621301179″ locale=”JP” title=”中国文化事典”]
上記の原稿を書いたのはほとんど昨年以前だったと思いますので、今年は比較的楽でした。ただ、今年楽した分、来年はちょっと大変です。一応某事典の項目を書いた原稿を出してありますので、それは来年形になると思いますが、肝心の西遊記受容研究は、口頭発表した内容が、論文が執筆できる段階まで今年中に進まなかったので、来年には投稿までいけるようにしなければなりません。方向性は決まっていますので、時間や予算と相談しながら着実に進めたいと思います。

本サイトでは、「僕たちが読んだ西遊記」に「キャラクターの変遷 ―― 日本で生まれた「河童の沙悟浄」を追う」を掲載できたのは良かったのですが、去年の「振り返る」で宣言していた「作家でたどる児童書西遊記」部分の開始は果たせなかったので、来年こそ開始したいと思います。

教育面では昨年から担当させていただいる中国小説史の授業のテキスト(配布プリント)を大幅改訂できたのが収穫でした。もう1、2年、授業をしながら修正を加え、書籍の形にできればいいなと考えています。

皆様にとっても来年が良い一年となりますように。


2017年を振り返る【読書編】

 今年は活字の本をあまり読んでおらず、記録に残っているのは57冊のみでした。

 小説の中で良かったのは、恩田陸『蜜蜂と遠雷』、住野よる『君の膵臓をたべたい (双葉文庫)』あたりでしょうか。ベタですが。

 論説(新書)では、斎藤美奈子『文庫解説ワンダーランド (岩波新書)』、佐々木敦『ニッポンの文学 (講談社現代新書)』、大野茂『サンデーとマガジン~創刊と死闘の15年~ (光文社新書)』、島内景二『中島敦「山月記伝説」の真実 (文春新書)』など。本の本ばっかりやん。

 マンガ部門では、『響~小説家になる方法~』。衝撃度が半端なかったです。ebookjapanで電子化されていないので、まだ第8巻を読んでいないのですが、今後どうなるのでしょうか。
[amazonjs asin=”B00WW8ITGU” locale=”JP” title=”響~小説家になる方法~(1) (ビッグコミックス)”]
 マンガ(ギャグ)部門は『セトウツミ』を推したかったのですが、最終巻でギャグマンガではなくなってしまいました。どうしよう。でもまあ、それまでの巻が笑えたのは間違いないので(とくに2巻のゴリラのやつ)、そのままにします。
[amazonjs asin=”4253220495″ locale=”JP” title=”セトウツミ 1 (少年チャンピオン・コミックス)”]
 完結したと言えば、去年取り上げた『BLUE GIANT』も完結しましたが、凄かった。続編『BLUE GIANT SUPREME』も好調なようです。『図書館の主』も完結しましたね。
[amazonjs asin=”B06XK8D5BX” locale=”JP” title=”BLUE GIANT SUPREME(1) (ビッグコミックススペシャル)”]
 次男と親子共々はまったのは、いまさらながら『弱虫ペダル』。現在、主人公2年生時のインターハイが始まったところまで読みました。これも続きが楽しみ。
[amazonjs asin=”B00AQY7FMQ” locale=”JP” title=”弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)”]
 以上、今年読んで良かったと思った本でした。来年も、楽しくいろいろ読める一年になるといいなと思います。