2020年を振り返る

2020年はコロナの年でした。私が受けた影響としては、授業が遠隔になったことが一番大きいでしょうか。これについては、前期の終わりに「遠隔授業の1日」に書きましたが、起きている時間の大部分を、授業資料の作成か添削に費やす毎日になりました。

後期からは4つの大学のうち、2つの大学、コマ数で言うと1/3弱の授業が対面に切り替わったので、前期よりは少し状況が改善しました。特に、週に1回とはいえ通勤のためにしっかり歩く時間ができた事は、健康面においては良かったと思います。

しかし、対面授業を行った1つの大学は、12月初めに感染者が出て1度遠隔授業に変更され、もう一つの大学は12月の授業が終わった翌々日にクラスターが発生し、1月の授業が遠隔になることが決まりました。

後者の大学でクラスターの発生が分かったのが12/24。文部科学省が12/23に「対面授業が50%以下の大学リスト」を発表した翌日だというのがなんとも皮肉ですが、それはともかく、感染された方々が無事に回復し、授業に戻って来られることを願っております。

対面授業先でクラスターが発生した以上、私自身も絶対感染していないとは言えないのですが、今のところ濃厚接触者に該当する等の連絡はなく、ひたすら冬休み明けの準備に追われていて(というかそもそも冬休みが1週間しかない)、今日(大晦日)も明日(元日)も普通に仕事をする年末年始となりました。

研究面では、昨年末(ということになっていますが、実際には今年刊行。でも書いたのは去年)、自分の専門領域では初の共著論文を出しましたが、その後は授業準備・添削に追われる生活で、春休みに日本語訳西遊記の調査と整理をして以降は、まったく研究が進まない1年でした。

今年度から、東北大学の非常勤講師をしている部局が研究面のサポート(科研費の窓口としての業務等)を行わないことになり、哀れに思った国際文化研究科が、私を「GSICSフェロー」とし、研究面のサポートをしてくださることになったのですが、今年は研究が進められず、申し訳ない限りです。

また、今年度から、U-PARL(東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門)協働型アジア研究プロジェクトの、荒木達雄氏を代表とする「東京大学所蔵水滸伝諸版本に関する研究」のグループに参加させていただいています。こちらもコロナの影響で会合が少なく、それもネットによるもののみでしたが、水滸伝関係でご活躍中の先生方のお話を聞かせていただいて非常に勉強になり、楽しかったです。プロジェクトの期間はもう1年ありますので、次回も楽しみです。

最後に、これも例年振り返っている読書記録ですが、そもそも読書があまりできていないため、今年は良かった本を1冊だけ挙げておきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

大学改革の迷走 (ちくま新書 1451) [ 佐藤 郁哉 ]
価格:1320円(税込、送料無料) (2020/12/31時点)

話題になった本なので、既に読まれた方が多いかとは思いますが、大学で働く人で、まだ読まれていない人は一読されることをお勧めします。色々と腑に落ちることがあるかと思います。

長くなりましたが、皆様、何卒お体に気をつけて、よいお年をお迎えください。
来年は活発に活動できる年になることを祈りつつ。

井上浩一 2020年大晦日


遠隔授業の1日

 新型コロナウィルスの影響で、多くの大学で前期授業がオンラインになったのはご存じのとおりですが、私も5月のゴールデンウィーク明けから、8月いっぱいまで、オンラインで遠隔授業を行って来ました。

 後期も勤務先の幾つかが、すでにオンライン授業にすることを決定していますが、もしかすると全コマオンライン授業は、この学期が最初で最後の経験になるかもしれませんので、オンライン授業生活の1日がどのようなものだったか、記録しておくことにします。

 まず、前提として、私は4つの大学で14コマの授業を担当する非常勤講師で、今年度はすべて「中国語」を担当しました。オンライン授業は、1コマ(Zoomで授業)を除いて資料配付型(授業資料を配付し、それを元に学習したあとで課題をやってもらい、課題の添削を通して指導するという形式)で行いました。


 朝は6時半から7時過ぎに起床。不健康な生活になることは目に見えていたので、毎日6時間以上睡眠をとることは心がけていました。時々とれないこともありましたが、おおむね守れたと思います。

 起きたらまず10分程度で朝食をとり、仕事をします。朝は、昨日終えた作業と今日行う予定の作業を確認することが多かったですが、切羽詰まった状況の時には、すぐに添削や授業準備にかかります。

 8:00になったら、朝ドラを見ながら歯を磨いたり、着替えたりします。8:15には仕事に戻ります。

 当初は朝ドラが終わったら、ひたすら添削や授業資料作成をしていたのですが、一部の学習内容(発音など)は、教科書の音声と文字のみを用いた説明ではうまく伝わらない場合があることが、徐々に明らかになってきたので、授業時間になったら、GoogleMeetを立ち上げて待機し、質問や発音指導依頼を受け付けることにしました。

 とはいえ、話しかけてくるのは1回の授業でせいぜい数人ぐらいですので、それ以外の時間は添削や授業資料作成などを進めます。

 昼はだいたい自宅の2軒隣のコンビニか、4軒隣のスーパー、通りの向かいにある弁当屋さんで弁当などを買いました。曜日によりますが、午前は12:00まで、午後は12:35からGoogleMeetを起動して待機するので、買いに行く時間を含めて30分ぐらいで済ませる必要があります。2コマ目に妻(同業者でやはり遠隔授業中)の授業が無い日は、買ってきてくれたり、作ってくれました。

 12:30から夕方までは、またGoogleMeetを起動しつつ、添削や授業資料作成。授業時間が終わったら、GoogleMeet無しで添削や授業資料作成です。大体18:30ぐらいに夕食。夕食は妻が作ってくれることが多かったです。

 10~20分ぐらいで食べ終わったら、またまた添削や授業資料作成。だいたい21:30ごろまで添削や授業資料作成です。

 21:30ごろに風呂に入ると少し休憩します。入浴時間を合わせて1時間ぐらいでしょうか。その後できれば0:00まで、間に合わない日は0:30ぐらいまで添削や授業資料作成をします。休憩時間がまったく取れず、さっと入浴してすぐ仕事ということもたまにあり、逆に横になって休憩しているうちに寝てしまい、翌日大慌て、ということも何度かありました。

 ざっと計算すると、朝7時ごろから0時ごろまでずっと添削や授業資料作成をし、途中の休みは合計で2時間ちょっとぐらいですので、1日14~15時間勤務でしょうか。土日もGoogleMeetを起動しないだけで、同じようなタイムスケジュールです。 簡単に言えば、「寝ているときと、食事中と、朝ドラの時間と、入浴時およびその後30分がオフ、それ以外は仕事」という毎日でした。

 スケジュールのどこかをこじあけて、癌検診に行ったり、歯の治療をしたり、眼科で診てもらったり、床屋に行ったりした日もありましたが、ゴールデンウィーク明けから8月第1週に2つの大学の前期授業が終了するまでの3ヶ月は、ほとんどの日がこんな感じでした。その後は少し楽になりましたが、半分の授業は8月いっぱいまで続き、同時に、終わった授業の様々な処理があったので、結局9月に入るまでは似たような感じの日々でした。

 コンビニ・スーパー・弁当屋に行く時以外はあまり出かけないので、体重は無事過去最高を記録し、エコノミー症候群的なものなのか、左の手先・足先が痺れ、結膜下出血をしばしば起こし、喉のつかえ(逆流性食道炎?)や胸の痛み(肋間神経痛?)も出ています。幸い大きな病気にはなっていませんが、常に低空飛行な感じで過ごした3~4ヶ月でした。


 2週間ほどの休みを経て、昨日から後期授業が始まりました。今学期は今のところ、遠隔10コマ、対面4コマでスタートです。できるだけ体を動かす時間を作って、なんとか乗り切りたいと思います。皆様も是非ご無事で。


2019年を振り返る

7年目の「振り返る」です。
今年は研究・教育・読書、まとめて一本で。
過去の記事を含む、「振り返るシリーズ」カテゴリーはこちら

教育面から書きますと、授業は週14コマ。中国語以外の授業が無くなってしまったのが残念でしたが、その分少し余裕をもって準備等ができているように思います。

研究では『中国児童文学』第26号に「伊藤貴麿の「中国もの」児童向け読み物とその題材 ― 附 伊藤貴麿著作目録」を発表しました。タイトルで「附」とした目録が、実質的にはメインといえる原稿で、論文ではないため業績としてはそれほど重要なものにはならないかもしれませんが、調査に時間と手間がかかっていることもあり、自分としてはこれが出せたことは、割と大きな区切りとなりました。また、伊藤貴麿については来年早々に共著論文が出る予定です(校正済み)。

このサイト関連では、「子どものための西遊記」閉鎖に伴い、新サイト「日本の児童書西遊記」を開始したことが大きな出来事でしたが、そう考えると、今年は「目録作成の年」だったと言えそうです。

次に読書編です。今年も(昨年よりはマシですが)あまり本を読めておらず、(文庫版『1Q84』を6冊と数えても)読了したのは40冊程度でした(ここでは文庫・新書やその電子書籍等、手軽に入手できるもので、最初から最後まで通して読んだもののの数です)。

その中で「これは凄い」と思ったのは、村田沙耶香『コンビニ人間』でした。コンビニの仕事のようなマニュアルが無いと「普通の」生き方や生活のしかたやがわからず、人間関係においては、空気を読めず、それを自覚はするものの、空気を読む必要性を理解していない主人公が、社会・世間と向き合うとどうなるかという思考実験のような面をもつ小説ですが、それがよく考えられ、よく書かれていると思いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンビニ人間 (文春文庫) [ 村田 沙耶香 ]
価格:638円(税込、送料無料) (2019/12/31時点)

その他では、辻村深月『島はぼくらと』などが良かったです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

島はぼくらと (講談社文庫) [ 辻村 深月 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2019/12/31時点)

小説以外では、安田峰俊『さいはての中国』が面白かったです。来年は同じ作者の他のものも、いろいろ読んでみようと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さいはての中国 (小学館新書) [ 安田 峰俊 ]
価格:902円(税込、送料無料) (2019/12/31時点)

また、箱崎みどり『愛と欲望の三国志』も、日本で読まれた三国志物語を幅広く押さえていて良かったです。『西遊記』も『三国志』物語と同じような受容のされ方をする場合が多いので、『西遊記』の受容史を考える際にも、これを照らし合わせながら確認してみると、自分がまだ見落としているところが見つかるかもしれないと思いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛と欲望の三国志 (講談社現代新書) [ 箱崎 みどり ]
価格:946円(税込、送料無料) (2019/12/31時点)

なお、この本を読む前に、この本には「西遊記とは違って、三国志が戦時中にブームを呼び起こしたのは何故か」が書かれているという評価をネットで見てしまい、「筆者は戦時中の西遊記ブームを知らないのか?」という疑念を持ったまま読み始めたのですが、そんな事は書かれていなくて安心しました(中国理解における『三国志』の優位な点については、少し書かれています)。ネットの情報に振り回されるのは良くないですね。

以上、ざっくりと2019年を振り返ってみました。
来年もよろしくお願いいたします。


南投市郊外の観光地

今回の台湾帰省では、妻の友人(日本人)が、南投市を観光したいというので、南投市郊外にある観光地に行ってみました。

まずは微熱山丘(サニーヒルズ)。
https://www.sunnyhills.com.tw/store/zh-tw/

特徴的な形状のパイナップルケーキで人気を集め、現在では東京にも店を構える微熱山丘ですが、本店は南投市郊外の山の中、パイナップル畑が多い地域にあり、その敷地内ではお茶とパイナップルケーキ1個の試食セットが提供されています。

お茶もパイナップルケーキも美味しいです。微熱山丘のパイナップルケーキは時々食べていますが、できたてのせいかいつもより更に美味しく感じました。

試食と買い物を終えて、敷地の裏にまわると「村民市集」という地元の産品のマーケットがあり、ここでも買い物ができます。

次に猴探井という地域へ。ここの「天空之橋」という吊り橋を観光しました。

なかなか長さがあります。

横からみるとこんな感じ。

この猴探井には、他にも遊べるところがあります。
翌日は、妻の従兄弟の家族と「天空之橋」のすぐ近くの「景観餐廳 星月天空」というところへ行きました。
http://0492292999.emmm.tw/?ptype=info

動物が居て、滑り台やブランコなどの遊具があり、くつろいで風景を見るハンモックや椅子も設置されています。

昼にも、山の景色をみたり、空を見上げてくつろぐことはできますが、夜に来ると夜景や星が(天気によっては)よく見えるらしいです。「景観餐廳」の名前のとおり、もちろん食事もできます。

入場料は平日100元、休日150元かかりますが(「天空之橋」は50元)、子供を連れてきて遊ばせるにはいい場所で、日曜ということもあって駐車場はほとんど埋まっていました。
帰宅後、次男は疲れて寝落ちしてました。


2018年を振り返る【読書編】

今年はとにかく本の読めない年で、おそらく20冊程度しか読んでいないと思われます。
その中で、今年の読書メモを調べてみると、「良かった」「面白かった」と書いてあるものが以下の3点などでした。
[amazon_link asins=’4167733013,4167910101,4198938385′ template=’ProductGrid’ store=’eea05-22′ marketplace=’JP’ link_id=’8d40dc85-0d00-11e9-b826-cf8077869157′]
そして「泣けた」と書いてあるものが、『空飛ぶ広報室』などでした。「知ってた」と言われそうなものばかりですね。

[amazon_link asins=’4344424549′ template=’ProductAd’ store=’eea05-22′ marketplace=’JP’ link_id=’5aa7b81b-0d01-11e9-bfb7-5fd0c71cfe3d’]

小説以外では、今年、久しぶりに中国古典小説研究会に出るにあたって、未読だった『中国古典小説研究の未来』を読んでみたのですが、自分が参加する以前の古典小説研究会についての話が興味深かった上に、孫遜氏の「近三十年の中国古典小説研究における視野の広がりについて」のように、中国における古典小説研究の流れを日本語でまとめた文章が、とても勉強になりました。

[amazon_link asins=’4585226842′ template=’ProductAd’ store=’eea05-22′ marketplace=’JP’ link_id=’8e647fc2-0d01-11e9-9ef4-c5ef8647227a’]

コミックは、昨年の『弱虫ペダル』のように、次男と一緒に読みはじめたものが多く、その中では、この2つが面白かったです。世間の評価も高いやつですね。
[amazon_link asins=’B009T8RYF8,B01M4LPGZU’ template=’ProductGrid’ store=’eea05-22′ marketplace=’JP’ link_id=’fc41cd8a-0d01-11e9-a8c3-29ab5328b6cb’]
一人で読んだもので、今年新たに読んだものの中で良かったのは、以下の2点でしょうか。
[amazon_link asins=’B01N6EJJTC,B00D5OAODQ’ template=’ProductGrid’ store=’eea05-22′ marketplace=’JP’ link_id=’7d50be5a-0d02-11e9-b16d-45a439b53ee9′]

来年はもっといろいろ読めるといいなと思います。