伊藤貴麿関連資料(16)「竹青ものがたり」

今回は、『聊斎志異』巻十一「竹青」の翻訳です。行き倒れてカラスになり「竹青」という名の雌カラスとつがいになった男の話ですが、その後も紆余曲折があります。

管見の及ぶ範囲では、金の星社の『六年生の世界童話』世界童話名作選(1954年)が初出のようで、ここに掲載した文章も、これに拠っています。その後、一度「竹青」のタイトルで『少年少女のための世界文学宝玉集』上(宝文館、1956年)に掲載され、再び「竹青ものがたり」のタイトルで『中国童話集』世界児童文学全集12(あかね書房、1959年)、『世界童話六年生』(金の星社、1961年)に掲載されています。

竹青ものがたり

 湖南省に、魚容という若者がありました。ある年、都へのぼって、官吏になる試験をうけましたが、不運にも落第し、そのうえかえってくる途中で、路用のかねもなくなつてしまいました。しかし魚容は、そだちがよかっので(ママ)、道々ものごいしてあるくのがはずかしくて、そんなことはとてもできません。そんなわけで、ひどくひもじくなり、富池鎭というところの、吳王廟というお宮まできたときには、とうとう、立ってもいられないくらいになりました。
 ここで、このお話に関係のふかい、吳王廟のことを、ちょっと申しておきましょう。

 吳王廟は、洞庭湖にそそぐ、楚江という川にそった、富池鎭という町にあります。三国時代(千六七百年前)の吳の国の将軍だった甘寧という人をまつったお宫で、宋(八百数十年前)のとき、神風をふかせて、船の往復をたすけたというので、評判になりました。それからというもの、日本でいえば、金比羅さまのように、船のりの神さまとしてあがめられ、たいそうあらたかだということでした。そこで船が廟のまえの川すじをすぎるときには、かならずお参りして、水路の平安をいのるのが例となっています。
 廟のかたわらの林には、数百羽ものカラスがすんでいて、往来の船がありますと、二、三里(中国の一里は、三分の二キロメートル)も遠くから出むかえて、帆柱のうえで、むらがってさわぎます。すると船中の人々は、おもいおもいに肉を空中に投げあげます。カラスのむれはこれをうけて、百にひとつも落さないということです。船びとたちは、このカラスたちを、吳王の神の使だといつています。――
“伊藤貴麿関連資料(16)「竹青ものがたり」” の続きを読む


伊藤貴麿関連資料(15)「漁夫許の話」

「劉孝廉の話」(『新小説』30-1、大正13年)の最後に収められているのが、今回の「漁夫許の話」。『聊斎志異』巻一の「王六郎」を訳したもので、漁師と霊(後に神)との友情のお話です。

劉孝廉の話     伊藤貴麿

漁夫許の話

 許といふ姓で、淄の北郭に住んで居る者があつた。漁りを業として、毎夜酒を擕へて河頭に行き、飮み且漁りをするのであつた。彼は飮んだ時は必ず少量を地にあけて、祈つて曰つた。
「さあさあ、河中に溺れた人達もお飮みなさい。」
 殆ど以上の事を缺かさなかつた。そして、他の者に鳥渡も漁のない時でも、許には、籃一ぱい獲物の有るのか常であつた。
“伊藤貴麿関連資料(15)「漁夫許の話」” の続きを読む


伊藤貴麿関連資料(14)「董劎客の話」

今回も雑誌『新小説』30-1(大正13年)に掲載された「劉孝廉の話」から「董劎客の話」。武勇を誇る男が、異人(異才の持ち主)から教えを受け損なう話です。『聊斎志異』巻九の「佟客」が原作です。

劉孝廉の話     伊藤貴麿

董劎客の話

 董生は徐州の人、撃劍を好んで、常に慷慨自負して居た。或る時途に一客に遇って、馬上共に行き客と語つて、談甚だ豪邁。其の姓字を問ふに、遼陽と佟といふ者である事を語った。又何所に往くのかと云ふと、
「吾輩は家を出てから二十年になる。今他國から歸る所だ。」と客は答へた。
“伊藤貴麿関連資料(14)「董劎客の話」” の続きを読む


伊藤貴麿関連資料(13)「劉孝廉の話」

今回から雑誌『新小説』30-1(大正13年)に掲載された「劉孝廉の話」から、三つの話を一つずつ載せていきます。まずは表題作「劉孝廉の話」。生まれ変わりを記憶している男の話で、一人称の視点で書かれています。原題は「三生」。以前に掲載した「三生」とは別の話で、混乱を避けるために、後出のこちらはタイトルを変えたのかもしれません。『聊斎志異』巻一に収められています。もちろん原作は一人称視点ではありません。

劉孝廉の話     伊藤貴麿

――俺は能く前生の事を憶えて居て、ありありと云つて見せる事が出來る。ずつと前の世だ。俺は家柄の家に生れて、所有る惡業をやつたあげく、六十二で死んだのだつた。初めて冥王の前に出ると、冥王の奴俺を丁寧にもてなして、坐をくれて、お茶を出してくれた。ふと見ると、冥王の碗の中の茶の色は、澄み切つて居て、俺の碗の中のは醪(にごりざけ)のやうに濁つて居やがるのだ。そこで俺は、こいつもしかすると、魂を眩まして過去を一切忘れさせて仕舞ふ、迷魂湯とでもいふやつぢやないかしらと氣付いたものだから、すかさず冥王が橫向いたひまに、案の角から打ち空けて仕舞つて、飲んだ振りをしてやつたものだ。
“伊藤貴麿関連資料(13)「劉孝廉の話」” の続きを読む


伊藤貴麿関連資料(12)「金陵乙」

今回の「金陵乙」で「緑蔭雑筆」(『新小説』28巻8号、大正12年)に収められた作品は終了です。狐の力を悪用しようとした男の話。『聊斎志異』巻九に収められています。

綠蔭雜筆     伊藤貴麿

金陵乙

 金陵に酒賣の乙と云ふ者があつた。いつも酒を讓す時、水をくんで其の中に藥を入れると、直ぐ良い酒が出來て、二三杯飮むと泥のやうに醉ふので、酒造りの名人の名を取り、巨萬の富を造つた。
 彼が或る朝早く起きて見ると、一匹の狐が酒槽の側に醉ひ潰れて居たので、四つ脚を縛つて、方に刀を取らうとして居る時狐は眼を醒して、哀願して云つた。
「どうか赦して下さい。どんな御用でも致します。」
“伊藤貴麿関連資料(12)「金陵乙」” の続きを読む