奥野信太郎訳「新訳西遊記 豚が道普請をした話」について

同学社の発行する「TONGXUE」第57(2019年春)号に、平井徹「奥野信太郎訳と『西遊記』」という文章が掲載されていました。これによると、「苦楽」という雑誌の第4巻第4号(1949年4月)に奥野信太郎訳西遊記が掲載されているということでしたので、「日本の古本屋」で検索してみたところ、それほど高価でもなかったので購入しました。また、検索時に、同1号にも奥野氏の文章が載っていることが判ったので、併せて購入したのですが、こちらに掲載されていたのは「柘榴の庭」という小説で、これはこれで面白かったものの、西遊記の翻訳ではありませんでした。

平井氏も書かれているとおり、「苦楽」 第4巻第4号に掲載された「新訳西遊記 豚が道普請をした話」(以下「新訳」)は、『西遊記』第67回「拯救駝羅禪性穩 脫離穢汚道心清」、いわゆる「稀柿衕(きしどう)」の話の全訳で、文末の「附記」にも「以上は西遊記第六十七回の全譯である」と、その旨記されています。

底本は、『西遊真詮』や『証道書』に無い箇所が訳出されていることから、繁本だと思われ、「附記」に、

最近わたしは明刻李卓吾本の西遊記を入手して、李卓吾の批評をおもしろく讀んでゐるが、およそこれら牽强附會の多い諸批評は、一のエッセイとしてみるとまた別の意味で興味の深いものである。

と、李卓吾評に触れているので、この明刊の李卓吾評本かもしれません。

さて、書籍として刊行されている奥野訳西遊記は、筆者の知る範囲では、以下の3冊があります。

このうち、3番目に挙げたものは絵本で、雑誌「苦楽」に掲載された「稀柿衕」の話は掲載されていません。そして、前者2冊は、「西遊記」はもとより、収録された他の作品(中国民話・中国少数民族民話・蒙古民話・朝鮮民話・台湾民話・東南アジア民話、訳者はそれぞれ異なる)も含めて全く同内容の本です。そしてこの2冊(以下まとめて「全集」とする)には「稀柿衕」の話が「ぶたの道ぶしん」として収められています。

そこで全集の文章が全訳とどのように異なるのか、少し比較してみました。その結果、どうやら全集に掲載された文章は全訳の文を抜粋してつないだもののようです。冒頭部分を例にとると、以下の全訳の文から、下線を引いた部分を抜き出してつなぎ、少し言葉を加えたり、表現を変えたりすれば(赤字の部分)、全集の訳文になります。

【全訳】
 さて三藏法師たち四人は、小西天をはなれ喜び勇で進んでいつた。かれこれ一月ほどの旅程を經て、ちやうど春も深まり花は散るころとなつた。樹々に綠のいろ濃く、雨後黄昏の、趣はまた格別であった。三藏は馬をとどめて、
 ――どうやら暮ちかいが、宿りはどこに求めたものぞ。
 ――お師匠さま御安心めされ、宿るところがなくともわれわれ三人はいささか腕におぼえもあります。猪八戒が草を刈り、沙悟淨が松の木を倒し、このわたくし奴が番匠の役を勤め、かうして草の庵を結びますならば、一年がほども滯泊は自在、お急きになるにもあたりません。
 と、孫行者がいへば八戒は
 ――兄貴、こんなところ泊れたものぢやねえ、虎狼に豹に蟲、魍魎木靈の妖怪だらけ、眞つ晝間だつて步きたかあねえものを、ましてや夜の泊りなんぞ‥‥
 ――馬鹿奴が‥‥出りや出るほど勇氣百倍、俺は大きな口をたたくわけぢやねえが、この棒が手にあるからには、たとひ天が落ちてこようつたつてどつこい支へてみせられるといふものさ。と行者はいつた。
 こんな論議をやつてゐる最中に、ふと間近かに一軒の山莊がみえた。行者は
 ――しめた!泊るところがあるぞ!
 ――どこに?と三藏。行者はかなたを指ざして
 ――あの樹立のなかは人家ではありませぬか、あすこへいつて一夜の宿を求め、明朝出立といたしませう。
 三藏は喜んで馬を急がせ、門前までいつて馬をおりた。門靡がかたく閉つてゐる。三藏が
 ――お賴み申します、お賴み申します。と
打ちたたくと、なかから一人の老人が出てきた。

【全集】
 さて三藏四人は、それからさらに旅をかさねるうち、いつしか冬はさり、春も花おちるころとなつた。樹々に綠のいろ濃く、雨後黄昏の趣はまた格別であ。三藏は馬をとどめて、
「どうやら暮ちかいが、こよいはどこにとまろうか。」
みれば間近かに、一軒の山莊がある
「しめた!泊るところがあるぞ」
と、悟空がかなたを指させば、三藏は喜んで馬を急がせ、そのその門前にきて
「お賴み申します、お賴み申します。」
と、とびらをたたくと、なかから一人の老人が出てきた。

といった感じです。また、引用真ん中あたりの、「お師匠さま御安心めされ」~「こんな論議をやつてゐる最中に、」の部分のように、全集では大胆に切り捨ててしまったところも見られます。

これらはおそらく、他の章との分量のバランスや、子ども向けであること、10年以上の時を経て言葉遣いが変化していること、などを考慮してなされた編集であろうと考えられますが、私のように既に大人であり、この時代の文章にもある程度慣れている者としては、やはり「全訳」のような省略の無い形のものの方がうれしいです。

全集には、五行山以前の部分や平頂山(金角・銀角)、火焔山(牛魔王)など、稀柿衕以外の部分も当然掲載されているのですが、これらの部分やそれ以外の部分で、もし全訳されたところあるのだとしたら、是非読んでみたいところです。

前掲平井氏の文章に、西遊記の全訳が「中央公論社から刊行される予定であったそうだが、結局未完のまま出版されずじまいになってしまった」と書かれていましたが、たとえ未完であっても、出来たところまででも読んでみたかったなあ、と思います。翻訳がある程度まで進んでいれば、西遊記の場合「三蔵一行の旅は、まだまだ続くのであった」とか「天竺はもう目の前である」といって終わらせることもできる訳だし...。

原稿が残ってて、どこかから出ないですかね?


伊藤貴麿関連資料(16)「竹青ものがたり」

今回は、『聊斎志異』巻十一「竹青」の翻訳です。行き倒れてカラスになり「竹青」という名の雌カラスとつがいになった男の話ですが、その後も紆余曲折があります。

管見の及ぶ範囲では、金の星社の『六年生の世界童話』世界童話名作選(1954年)が初出のようで、ここに掲載した文章も、これに拠っています。その後、一度「竹青」のタイトルで『少年少女のための世界文学宝玉集』上(宝文館、1956年)に掲載され、再び「竹青ものがたり」のタイトルで『中国童話集』世界児童文学全集12(あかね書房、1959年)、『世界童話六年生』(金の星社、1961年)に掲載されています。

竹青ものがたり

 湖南省に、魚容という若者がありました。ある年、都へのぼって、官吏になる試験をうけましたが、不運にも落第し、そのうえかえってくる途中で、路用のかねもなくなつてしまいました。しかし魚容は、そだちがよかっので(ママ)、道々ものごいしてあるくのがはずかしくて、そんなことはとてもできません。そんなわけで、ひどくひもじくなり、富池鎭というところの、吳王廟というお宮まできたときには、とうとう、立ってもいられないくらいになりました。
 ここで、このお話に関係のふかい、吳王廟のことを、ちょっと申しておきましょう。

 吳王廟は、洞庭湖にそそぐ、楚江という川にそった、富池鎭という町にあります。三国時代(千六七百年前)の吳の国の将軍だった甘寧という人をまつったお宫で、宋(八百数十年前)のとき、神風をふかせて、船の往復をたすけたというので、評判になりました。それからというもの、日本でいえば、金比羅さまのように、船のりの神さまとしてあがめられ、たいそうあらたかだということでした。そこで船が廟のまえの川すじをすぎるときには、かならずお参りして、水路の平安をいのるのが例となっています。
 廟のかたわらの林には、数百羽ものカラスがすんでいて、往来の船がありますと、二、三里(中国の一里は、三分の二キロメートル)も遠くから出むかえて、帆柱のうえで、むらがってさわぎます。すると船中の人々は、おもいおもいに肉を空中に投げあげます。カラスのむれはこれをうけて、百にひとつも落さないということです。船びとたちは、このカラスたちを、吳王の神の使だといつています。――
“伊藤貴麿関連資料(16)「竹青ものがたり」” の続きを読む


伊藤貴麿関連資料(15)「漁夫許の話」

「劉孝廉の話」(『新小説』30-1、大正13年)の最後に収められているのが、今回の「漁夫許の話」。『聊斎志異』巻一の「王六郎」を訳したもので、漁師と霊(後に神)との友情のお話です。

劉孝廉の話     伊藤貴麿

漁夫許の話

 許といふ姓で、淄の北郭に住んで居る者があつた。漁りを業として、毎夜酒を擕へて河頭に行き、飮み且漁りをするのであつた。彼は飮んだ時は必ず少量を地にあけて、祈つて曰つた。
「さあさあ、河中に溺れた人達もお飮みなさい。」
 殆ど以上の事を缺かさなかつた。そして、他の者に鳥渡も漁のない時でも、許には、籃一ぱい獲物の有るのか常であつた。
“伊藤貴麿関連資料(15)「漁夫許の話」” の続きを読む


伊藤貴麿関連資料(14)「董劎客の話」

今回も雑誌『新小説』30-1(大正13年)に掲載された「劉孝廉の話」から「董劎客の話」。武勇を誇る男が、異人(異才の持ち主)から教えを受け損なう話です。『聊斎志異』巻九の「佟客」が原作です。

劉孝廉の話     伊藤貴麿

董劎客の話

 董生は徐州の人、撃劍を好んで、常に慷慨自負して居た。或る時途に一客に遇って、馬上共に行き客と語つて、談甚だ豪邁。其の姓字を問ふに、遼陽と佟といふ者である事を語った。又何所に往くのかと云ふと、
「吾輩は家を出てから二十年になる。今他國から歸る所だ。」と客は答へた。
“伊藤貴麿関連資料(14)「董劎客の話」” の続きを読む


伊藤貴麿関連資料(13)「劉孝廉の話」

今回から雑誌『新小説』30-1(大正13年)に掲載された「劉孝廉の話」から、三つの話を一つずつ載せていきます。まずは表題作「劉孝廉の話」。生まれ変わりを記憶している男の話で、一人称の視点で書かれています。原題は「三生」。以前に掲載した「三生」とは別の話で、混乱を避けるために、後出のこちらはタイトルを変えたのかもしれません。『聊斎志異』巻一に収められています。もちろん原作は一人称視点ではありません。

劉孝廉の話     伊藤貴麿

――俺は能く前生の事を憶えて居て、ありありと云つて見せる事が出來る。ずつと前の世だ。俺は家柄の家に生れて、所有る惡業をやつたあげく、六十二で死んだのだつた。初めて冥王の前に出ると、冥王の奴俺を丁寧にもてなして、坐をくれて、お茶を出してくれた。ふと見ると、冥王の碗の中の茶の色は、澄み切つて居て、俺の碗の中のは醪(にごりざけ)のやうに濁つて居やがるのだ。そこで俺は、こいつもしかすると、魂を眩まして過去を一切忘れさせて仕舞ふ、迷魂湯とでもいふやつぢやないかしらと氣付いたものだから、すかさず冥王が橫向いたひまに、案の角から打ち空けて仕舞つて、飲んだ振りをしてやつたものだ。
“伊藤貴麿関連資料(13)「劉孝廉の話」” の続きを読む