貫華日記Ⅱ

伊藤貴麿関係資料(10)「金姑夫」

今回も、雑誌『新小説』28巻8号(大正12年8月)に掲載された「緑蔭雑筆」から、祠にまつられた女性に婿入りさせられる、「金姑夫」という話です。『聊斎志異』巻七に収められています。

綠蔭雜筆     伊藤貴麿

金姑夫

 會稽に梅姑祠と云ふのがある。御神體は、もと馬と云ふ姓の女で、東苑に住んで居たが、許婚の夫が早く死んで了つたので、それから何所へも嫁せず、操を立て通して、三十歲の時死んだので、身肉の者が祠を立てゝこれを梅姑祠と云つたのであつた。
“伊藤貴麿関係資料(10)「金姑夫」” の続きを読む


伊藤貴麿関連資料(9)「碁鬼」

今回も、過去2回と同様、雑誌『新小説』28巻8号(大正12年8月)に掲載された「緑蔭雑筆」から、「碁鬼」という賭け碁で死後も身を滅ぼした男の話です。原題は「棋鬼」。『聊斎志異』巻四に収められています。

綠蔭雜筆     伊藤貴麿

碁鬼

 揚州の梁公といふ將軍が、官を辭して鄕里に住つて、近所を廻つて每日酒を飮んだり、碁を打つたりして居た。丁度九月の九日の日、客と切りに黑白を戰はして居ると、一人の男がやつて來て、盤の側に立つて、熱心に見惚れて居た。容貌はやつれ襤褄を纏つて居たが、樣子が何となく奧床しく、文人のやうに思はれたので、公は叮嚀に座席を進めると、其の男も叮嚀に挨拶した。そこで公は、碁盤を指して曰つた。
「先生もきつと此の道をおやりになるのでせう。一番客人とお差しになつては。」
“伊藤貴麿関連資料(9)「碁鬼」” の続きを読む


伊藤貴麿関連資料(8)「三生」

今回は、前回の「王桂菴」と同じく、雑誌『新小説』28巻8号(大正12年8月)に掲載された「緑蔭雑筆」に収められた話の中から「三生」を載せます。三度の前世を憶えている男の話です。

綠蔭雜筆     伊藤貴麿

三生

 湖南の某は能く前生三世を憶えて居た。第一世は役人となり或る時試驗官として、場に臨み、受驗生の文を採點した事があつた。其の時興と云ふ書生があつて、試驗を受けて落第し、憤懑の極死んで陰司に行き、訴狀を作つて閻王に訴へた。時恰も同病死者數萬陰府に滿みて、興の訴狀の一度投ぜられるや、聚散成羣して興を首とし、鬼嘯陰 殷々として閻羅府を動かさんばかりであつた よつて湖南の某は地獄に引かれて、閻王の前で對質訊問せられる事になつた。
“伊藤貴麿関連資料(8)「三生」” の続きを読む


伊藤貴麿関連資料(7)「王桂菴」

今回は、雑誌『新小説』28巻8号(大正12年8月)に掲載された「緑蔭雑筆」から「王桂菴」を載せます。これも『聊斎志異』の「王桂菴」の翻訳になります。同じ年の6月には『赤い鳥』に「水面亭の仙人」を、9月には「虎の改心」を掲載していて、この時期は『聊斎志異』を好んで訳した時期ということが言えそうです。

綠蔭雜筆     伊藤貴麿

王桂菴

 名家の出で、王穉、字は桂菴といふ者があつた。或る時南に遊んで、舟を河岸に着けて居ると、隣りの舟に榜人(せんどう)の娘が居て履(くつ)を縫取りして居た。其の姿はなかなかあでやかだつたので、王は切りに盜み視て居たが、娘は鳥渡も氣が付かないものゝやうであつた。そこで王は、
 洛陽女兒對門居、と、王維の詩を吟じ出した。娘に聞かせようとしたのである。すると娘は、自分に對して王が云つて居る事を知つて、鳥渡首を舉げて、ちらりと流し目に見たが、又首を垂れて、元のやうに履を縫ひ取り爲初めた。 “伊藤貴麿関連資料(7)「王桂菴」” の続きを読む


南投市郊外の観光地

今回の台湾帰省では、妻の友人(日本人)が、南投市を観光したいというので、南投市郊外にある観光地に行ってみました。

まずは微熱山丘(サニーヒルズ)。
https://www.sunnyhills.com.tw/store/zh-tw/

特徴的な形状のパイナップルケーキで人気を集め、現在では東京にも店を構える微熱山丘ですが、本店は南投市郊外の山の中、パイナップル畑が多い地域にあり、その敷地内ではお茶とパイナップルケーキ1個の試食セットが提供されています。

お茶もパイナップルケーキも美味しいです。微熱山丘のパイナップルケーキは時々食べていますが、できたてのせいかいつもより更に美味しく感じました。

試食と買い物を終えて、敷地の裏にまわると「村民市集」という地元の産品のマーケットがあり、ここでも買い物ができます。

次に猴探井という地域へ。ここの「天空之橋」という吊り橋を観光しました。

なかなか長さがあります。

横からみるとこんな感じ。

この猴探井には、他にも遊べるところがあります。
翌日は、妻の従兄弟の家族と「天空之橋」のすぐ近くの「景観餐廳 星月天空」というところへ行きました。
http://0492292999.emmm.tw/?ptype=info

動物が居て、滑り台やブランコなどの遊具があり、くつろいで風景を見るハンモックや椅子も設置されています。

昼にも、山の景色をみたり、空を見上げてくつろぐことはできますが、夜に来ると夜景や星が(天気によっては)よく見えるらしいです。「景観餐廳」の名前のとおり、もちろん食事もできます。

入場料は平日100元、休日150元かかりますが(「天空之橋」は50元)、子供を連れてきて遊ばせるにはいい場所で、日曜ということもあって駐車場はほとんど埋まっていました。
帰宅後、次男は疲れて寝落ちしてました。