漢文法基礎


 今から二十数年前の高校時代、部活が忙しくて、塾などに通っていなかった私は、Z会の通信添削で受験勉強をしていました。受験勉強をしていたといっても、添削教材をやらずにどんどんため込んでしまうような不真面目な会員だったのですが、教材自体はとても気に入っており、参考書もZ会のものを使っていました。
 その中でも特に記憶に残っている参考書が、二畳庵主人『漢文法基礎』です。説明が詳細かつ的確なだけではなく、文章も面白くて、参考書というよりも愛読書という感じでした。中国文学専攻に進んだこともあり、受験が終わっても大学時代の下宿には持っていったような気がするのですが、いつのまにかどこかへ行ってしまい、非常に残念に思っていました。それが今回講談社の学術文庫で出版されるときき、早速購入してみてびっくり。二畳庵先生って加地伸行先生だったのですね。もしかして有名な話?
 久しぶりに読んでみると、やはり懐かしい。本文前の山村暮鳥《ある時》にはじまり、和文脈と漢文脈(p.21)、出題率による入試問題予想に対する批判(p.24)、「レ」は「れ点」ではなく「かりがね点」(p.66)、連文・互文(p.142)……そうそう、憶えていますよ。
一方で、記憶に無かった箇所もやはり結構あります。例えば、「若……然」の説明。

 ところで「若……然」というタイプがある。例えば、

  若視其肺肝然

という文。(中略)「其の肺肝を視るがごとくしかり」と読むことになる。「その肺肝を視るのしかるがごとし」と読んではいけない。(中略)興味深いことに、現代中国語にもそれが投影されている。(中略)例えば、

  好像飛機一様(「飛機」は「飛行機」のこと)

は、「好(あたか)も飛機に像(かたど)りて一様なり」或いは「好(よ)く飛機に像りて一様なり」「飛機に像ることを好くして一様なり」とでも訓読できるタイプで、「若飛機然」(飛機のごとくしかり)と同じようなものである。(p.188-190)

新たに加えられた箇所なのか、当時は中国語がわからなかったので、あまり解りやすくなかったのか、今読むと非常にわかりやすい説明だと思うのですが、記憶にありませんでした。
 研究対象を明清白話小説にしてからは、資料をほとんど中国語読みするので、漢文訓読の機会は少なくなっておりますが、これを機に、懐かしがりながら復習してみたいと思います。

※ 2016.09.06 Amazonリンク訂正。


張國光先生

昨日の更新をするために中国の期刊論文を調べていたところ、某研究誌に追悼文が掲載されていて、金聖歎研究で有名な中国の学者、張国光氏が昨年三月に八十六歳で亡くなられていたことを知りました。

張国光氏は金聖歎関係の論文が三十本程度、専著が三・四冊ある研究者で、金聖歎研究会の会長をされていたそうです。

正直、氏のいつまでも“金聖歎は反動か否か”にこだわる研究の方向性や、論の立て方などには同意できない部分も少なくないのですが、金聖歎を反動と決めつけ、とにかく批判さえしておけばよいという70年代の金聖歎研究の状況を打破することに、氏が大きく貢献されたことは間違いがないと思います。

遅ればせながらご冥福をお祈りいたします。


日本庶民文芸と中国

今日で今年の授業は終了です。やれやれ。

さて、今月号の 『 アジア遊学 』 ( 勉誠出版 ) は 「 日本庶民文芸と中国 」 特集号 となっており、中国古典小説と日本文化との関係について書かれたものも、多く掲載されております。

出版社のサイト からも注文できますので、興味のある方はどうぞ ↓ ( 目次も見ることができます ) 。

・ 『 アジア遊学 』105号 日本庶民文芸と中国 ( 勉誠出版 )

なお、「 『 水滸伝 』 を母体とした現代日本の小説・コミック 」 というタイトルで、拙稿も掲載されておりますので、ご一読いただければ幸いです。


水滸伝の版本について

少し前の話になりますが、 北方水滸伝のサイト にある「推薦文」の項をみていて、ちょっとびっくりしました。陳舜臣氏がこんなことを書いていたので。

b0003153_1030796

この前半部分、普通に読んだら七十回本→百回本→百二十回本の順に水滸伝ができたという意味だと思いますよね。でも、ご存じの通り、そういう順番ではありません。っていうか陳先生自身、水滸伝を七十回にしたのは金聖歎だと 『 ものがたり水滸伝 』 の 「 読者へのことば 」 の冒頭で書かれています。

一応「~回本」とはしないで、「~回」と書いてはありますので、七十回・百回・百二十回というのは版本ではなく、百二十回本中の回数のことかとも考えましたが、それだと 「 豪傑の総登場で水滸伝七十回は終わった 」 という部分の意味がよくわかりません。 「 総登場 」 というのが 「 梁山泊大聚義 」 を指すのだとすると、百回本や百二十回本では第七十一回にあります。第七十回までだとキリが悪くて終われないです。

そこで、もしかすると知らない間に 「 七十回本→百回本→百二十回本 」 の順に水滸伝ができたというのが定説になったのかと、私よりこのあたりに詳しそうな他の研究者に尋ねてみたのですが、そんなことはないだろうというお返事。そうですよねー。

で、次に思い出したのが、金聖歎以前に七十回本があったと主張した1998年の論文 ( 周岭 「 金圣叹腰斩《水浒传》说质疑 」 ) 。もしかするとこれによったのかと思い、読みかえしてみましたが、百回本から七十回本を作ったと書いてあり、七十回本から百回本とは書いてなかったです。

うーん、結局、陳先生が上のように書かれた理由はわかりませんでした。やはり単なるケアレス・ミスでしょうか。
ちなみに、上述の周岭論文には、百回本から七十回本が作られたと書いてあったのですが、それもおそらく間違い ( ただし上の論文ではそういうことにしないと辻褄が合わない ) で、内容を見比べると、七十回本は百二十回本からできたと考える方が自然だし、それが定説になっているはずです。

周氏と同じ間違い ( 百回本→七十回本 ) は王勇氏 ( 『 北方水滸伝読本 替天行道 』 に北方謙三氏との対談が収められている浙江大学教授 ) の 「 中日文化交流史 」 というサイトにある、 「 水滸伝のテキスト 」というページの説明にも見られます。王氏のサイトには参考になるところもありますが、少なくともこのページに関してはおかしなところがいろいろと見受けられます。おそらく 「 繁本 」 ( 一般的にいう文繁本 ) 百二十回本が話から抜け落ちているの位置づけが間違っているのが最も大きな原因ではないかと思いますけど。

著名な方が書かれた内容でも、鵜呑みにはできませんね。


オススメの本

先週末、中国古典小説研究会に出ておりまして、そこで 「 評点研究のオススメの本 」 の話になりました。お薦めしたい一冊があったのに、そこではなかなか書名が思い出せなかったのですが、

章培恒·王靖宇 主编 《中国文学评点研究论集》( 上海古籍出版社,2002 )

でした。
b0003153_21365822.jpg
遅ればせながら推薦しておきます。収録されている論文は以下のとおり。

评点溯源 ( 张伯伟 )
论小说评点研究的三种视角 ( 谭帆 )
评点的形式要素与文学批评功能 - 以明代戏曲评点为例 ( 朱万曙 )
明代评点考 ( 高津孝 )
Editing,Annotating and Evaluating Letters at the Tum of the Seventeenth Century:Instituting Literary Forms for the self ( Kathryn Lowry )
清代词籍评点叙例 ( 林玫仪 )
《红楼梦》评点学的分类解释 ( 浦安迪 )
晚清《儒林外史》的文人评点群体 ( 孙逊 ・ 周君文 )
现存评点第一书 - 论《古文关键》的编选、评点及其影响 ( 吴承学 )
朝鲜注解本《剪灯新话句解》研究 ( 崔溶澈 )
“李攀龙《唐诗选》”评点本考索 ( 查屏球 )
明人评《西厢记》资料的新发现 - 徐复祚《西厢记》评语辑考 ( 黄仕忠 )
“说话”与“小说”的纠缠
   - 冯梦龙《三言》、《石点头》序言、批语的话本小说观 ( 胡万川 )
近百年来的金圣叹研究 - 以《水浒》评点为中心 ( 黄霖 )
简介美国的金圣叹研究 ( 王靖宇 )
“此一个人”与“极微说” - 中国式的典型观与细节论 ( 谢柏梁 )
周亮工与金圣叹关系探微
   - 兼论醉畊堂本《水浒传》和《天下才子必读书》的刊刻者 ( 陆林 )
《长生殿》眉批之探讨 ( 曾永义 )
《桃花扇》批语初探 ( 吴新雷 )
关于《吴吴山三妇评牡丹亭还魂记》的评语作者问题 ( 谈蓓芳 )
重探周昂《增订金批西厢》 ( 华玮 )
试论(朝鲜)《广寒楼记》评点的主要特征
   - 与金圣叹《西厢记》的评点相比较 ( 李腾渊 )