岩波文庫新版『西遊記』の訳

[amazonjs asin=”400201116X” locale=”JP” title=”西遊記(10冊セット) (岩波文庫)”]
現在、岩波文庫の『西遊記』新版が刊行中です(現在、第6巻まで刊行。今月17日には7・8巻が刊行されます)。

第1巻から第3巻までは旧版では小野忍先生が訳されていましたが、新版では旧版の4巻以降と同じく中野美代子先生の訳になっております。つまり第1巻から第3巻までは「新訳」なのですが、4巻以降は旧版でも中野先生の訳でした。岩波のサイトでは4巻以降を「改版」としております。
それでは具体的にどの程度変更があるのでしょうか。
旧版が図書館にあったので、パラパラとめくりつつ比較してみたところ、基本的にはそのままの文章で、1ページにつき数カ所ぐらいの頻度で気になった言い回し(かな?)に手を入れてあるという感じです。二カ所ほど抜き出してみると次のような具合です。

[旧]p.8-p.9
「おぬし、なにをきょろきょろしてるんだ」
「すきまがあいているかどうか見ているんだよ。逃げやすいようにな
「どこへ逃げるつもりだ。おぬしなんか三日も前に逃げたって、この孫さまはな、追いついてとっつかまえることができるんだぞ。さあ、とっととしゃべろ・・・
[新]p.9
「おぬし、なにをきょろきょろしてるんだ
逃げるすきまがあいているかどうか見ているんだよ」
「どこへ逃げるつもりだおぬしなんか三日もまえに逃げたって、この孫さまはな、追いついてとっつかまえることができるんだぞ。さあ、とっととしゃべらんかい・・・

[旧]p.9-p.10
ところで師匠は洞の中にいなさったんだが、そこには、うまいぐあいに救いの神もいてね、それが宝象国の国王の三番目のお姫さまなんだが、これまたその妖怪につかまっていたんだ。そのお姫さまは、国王あての書状をしたため、師匠に託したあげく、うまいことを言って師匠を逃してくれた。そういうわけで宝象国に着いたら姫からの書状を手渡したんだが、国王が・・・
[新]p.10-p.11
 師匠は洞の中にいなさったんだが、そこには、うまいぐあいに救いの神もいてね、それが宝象国の国王の三番目のお姫さまときた。これまたその妖怪につかまっていたんだ。そのお姫さまは、国王あての書状をしたため、師匠に託したあげく、うまいことを言って師匠を逃してくれた。そういうわけで宝象国に着いたら姫からの書状を手渡した。国王が・・・

また、第三十一回(第4巻最初の回)冒頭の韻文はそれぞれ次のようになっています。

[旧]p.5                [新]p.5
義理の兄弟 結んだものの    兄弟の契りは結んだ
本性だけはもとのまま       本性だけはのまま
金と木(1)とのコンビにて      金と木とで証果をめざし
めでたく成さん悟りの果
心猿木母(2)気を合わせ      心猿木母(1)は心を一にす
ともに登るは極楽世界       ともに登るは極楽世界
ともに入るは大乗法門       ともに入るは大乗法門
経こそは修行のまとめ       経こそは修行のまとめ
仏の魂こもったものぞ        仏の魂こもったものぞ
兄弟なれば三世の契り       兄弟なれば三世の契り
妖魔とても五行の支配       妖魔とても五行の支配
迷界への道 断ち切って      六門への道(2)を断ち切って
いざ赴かん 西天         さて赴かん西天大雷音寺
()の数字は註

なお、旧版には中野先生の「訳者後記」があり、小野先生のそれまでの訳と方針を改めた点(1.著者を呉承恩としないこと 2.回目を訓読ではなく意訳にすること)などについて書かれていますが、これは新版の4巻にはありません(上記2点などは1巻の「訳者まえがき」で触れられています)。
註は全体的に新版の方がやや少な目になっています。1~3巻に入れて4巻では省いたものもあるのかもしれません。あとは漢字をひらがなにしてあるところも目につきます。
最初の方をパラパラと見たところではだいたいこんな感じです。後ろの方はまた様子が違うかもしれませんが、ひとまずご参考まで。

※ 2016.09.05 Amazonリンク訂正。なお当時は刊行されている途中でしたが、現在では全巻刊行済みです。


マンガの中の中国語(2)

昨日の続き。
さて、昨日書いた中国語の「独創的な間違い」を見られるマンガというのはわた○べまさこ氏の『金瓶梅』で、現在11巻まででております。中国古典小説の『金瓶梅』を元にしたまんがですね。
最初のころ(6巻ぐらいまで)はあまり無いのですが、7巻の終わりぐらいから各回の最後に読者に向けて「謝々、大謝々」とお礼の言葉が入るようになります。

大謝々」?

まあいいです。8巻以降は台詞の中にもこの「謝々、大謝々」がでてきたり、次第に「はい」を「対」にしたり、その他「没有」「不要吵」「你好」など、台詞のちょっとしたところに中国語が使われるようになってきます。でもこういう使い方ならあんまり間違いは起こらないような気もしますよね。ではどんな間違い方をしているのでしょうか。

1.独創的な発音
例えば8巻の台詞の中の「謝々」には「しゃあしゃあ」とふりがながふってあったりします。その他「对不起」が「ドウフイチイ」だったり「真」が「ズン」だったり。でも最後のは南方系のなまりに近いとも言えますね。

2.簡体字を日本語にあてる時のまちがい。
前回の「请」を「清」にしてしまうようなパターンですね。
このマンガでは

「我不明白」
「回見」

などがでてきます。前者は「太」の間違いでしょうか。後者は「头(頭)」をよく似た(?)字で置き換えてしまってるんでしょうね。
「请」→「清」がありがちなのに比べるとこれらの置き換えはかなり独創的です。

3.独創的な語句の切り方
あまり長い文章は無いので切り方も何もないようなものなのですが、こう書いているところがあります。

对!!
不起!!

独創的です。

4.造字。
文章で説明するのが非常に難しいので以下の画像をご覧ください。

b0003153_23392167

「白了」というのが一文字なんですねえ。読み方は「パイラ」。素晴らしい。

以上です。はやく12巻でないかなあ~。
[amazonjs asin=”4575938637″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”金瓶梅 11 (アクションコミックス)”]

※ 2016.09.05 Amazonリンク、画像ファイルの移転。


マンガの中の中国語(1)

[amazonjs asin=”B009JZH7K8″ locale=”JP” title=”ピンポン(1) (ビッグコミックス)”]
 この間テレビで「ピンポン」という映画をちらっと見ました。

 面白そうだったのですが、映画をまるまる一本観るようなまとまった時間はなかなかないので、原作のマンガを入手し、例によって空き時間を利用して読んでみました。実はこのマンガ、『ビッグコミックスピリッツ』に連載されていたもので、連載開始当時私も読んでいましたし、注目もしていたのですが、連載中に台湾に留学してしまったので、途中までしか読んでいなかったのです。

 で、読みました。面白かった。

 作者の画力はすでに定評のあるところですし、ストーリーは私のツボである友情物。台詞もいちいちクールで格好いい。

...のですが、その格好いい台詞の一つで「えっ?」となってしまいました。

 第4巻。ある中国からの助っ人留学生が、トーナメント戦で主人公(の一人)と試合し、いよいよ負かされそうになったとき、主人公に言います。

「風間によろしく」。

 「風間」というのは彼がトーナメントを昇っていって対戦する予定だった優勝候補の選手です。彼はついにその試合で敗退することを覚悟し、主人公にこう言った訳です。この台詞だけ抜き出すとどうということはありませんが、マンガの流れの中ではなかなかイイ台詞なんですよ。

 が、この留学生、この台詞を中国語でいうんですね。

清問風間同志好!」と。

 うーむ。外国人(共産革命の同志ではない人間)に「同志」っていうかなあ(と、いうか中国人同士でも今時あまり使わないのでは)?とかっていうのもあるのですが、一番の問題はやはり「清」。

 言うまでもなく中国語の「请」は日本語の漢字だと「請」ですね。まあ、ありがちな間違いではあるのですが(大学で中国語の授業をとっている一年生とか)、人気漫画でやると影響を受けちゃう人がでてきたりするので困りますよね。とはいっても「中国語講座」なるサイトでも同じようなミスをやっているので、仕方ないのかもしれません。

 なお、この字、第5巻にもでてくるのですが、そこでは簡体字で「请」となっています。が、その次の台詞で「哪儿个都可以」とか言っていたりして油断ができません。ちなみに身近にいるネイティブは「北方人にはやたらと“r”(r化音)を入れる人がいるので、それをそのまま文字にしちゃったんじゃない?」と推測してました。

 外国語の台詞を原文で書くとカッコイイですが、いろいろと難しいようですね。

と、いうようなことを考えていたらある漫画のことを思い出しました。
ここで書いたようなのは、まあ「気持ちはわかる」ようなものなのですが、そちらはなかなか独創的な中国語の使い方でした。こんどはそれをご紹介したいと思います。
(追記:翌日の日記でご紹介しました。→ こちら )

 あ、そうそう、映画版「ピンポン」の中国語、普通話じゃなかったようですが誰か何語か判る方はいらっしゃいますか?広東語っぽかったのですが、設定では「元上海チーム」ということだったと思うので上海語かもしれません。私はどちらも解らないので。

※ 2016.98.05 Amazonリンク、リンクの訂正。


PLUTO

[amazonjs asin=”4091874312″ locale=”JP” title=”PLUTO (1) (ビッグコミックス)”]

「PLUTO」。
 この人の作品は完結した「MONSTER」もそうでしたし、連載中の「20世紀少年」でもそうなのですが、「どうなるんだろ?」と期待させるのが上手ですねえ。

 さて、この「PLUTO」には通常版(¥550)豪華版(¥1800)があり、広告等によると豪華版には次の特典があるそうです。

・豪華特別付録として、原作の鉄腕アトム「地上最大のロボット」を完全収録!!
・雑誌掲載時と同じB5判の特大サイズ!!
・雑誌掲載時のカラーをすべて再現!!
・メタリックな美麗装丁!!
・浦沢直樹×手塚眞 対談を完全収録!!

 私は通常版の方を購入したのですが、上の特典のうち原作の「地上最大のロボット」には心惹かれます。うーん。でも、これだけの為に豪華版を買い直すのももったいないし、「鉄腕アトム」を買いますかねえ。ebookという手もありますね。

 amaz○nでは「あわせて買いたい 『PLUTO 1 (1)』と『PLUTO 1 (1) 【豪華版】 ビッグコミックススペシャル』、どちらもおすすめ!」って書いてありますが、豪華版買っておいて通常版もあわせて買うって、かなりマニアックな買い方なのではないでしょうか。いるのかなあ。そういう人。

※ 2016.09.05 Amazonリンクと文章のレイアウトを訂正。


プール

今日は息子をプールに連れて行きました。
夜は仕事しないとなあ。

[読了した本]

重松清 『 ナイフ 』 (新潮文庫、2000年)

実家への新幹線の中で読んだ本です。泣けました。
それにしても移動中に本が読めるとは。息子も大きくなったものです。
[amazonjs asin=”4101349134″ locale=”JP” title=”ナイフ (新潮文庫)”]

※2016.09.05 書籍のリンク変更