貫華日記Ⅱ

伊藤貴麿関連資料(2)「水面亭の仙人」

伊藤貴麿関連資料の2回目は、前回と同じく『赤い鳥』に掲載された文章、第10巻6号(1923年6月)掲載の「水面亭の仙人」です。これも『聊斎志異』を原作として「自由訳」したもので、原作名は「寒月芙蓉」。この作品も『孔子さまと琴の音』(増進堂、1943年)を始め、いくつかの童話集に収められています。

今回も『赤い鳥』掲載時の文章をテキスト化したものです。原文からの変更点や、注意点につきましては、前回の投稿、伊藤貴麿関連資料(1)「虎の改心」をご覧ください。

水面亭の仙人     伊藤貴麿

   一

 昔支那に、老子といふ偉い仙人がありましたが、その方の敎が元になつて、後に道敎といふ敎が出來ました。道敎は、今でもさかんに支那人の間に信ぜられてをります。その道敎の修業をつんだ人で、昔から偉い仙人が澤山出ました。

 今から数百年前に、支那の濟南といふ所に、或一人の穢い坊さんが、ひょつくりやつて來ました。町の人々は、その坊さんがどこから來たかも、又、名は何といふのかも知りませんでした。坊さんは夏冬なしに、袷をたつた一枚着たきりで、黄色い繩の帶を締めてゐました。別に下着も、ヅボンもはいてはゐません。髮はぼうぼうと生やしたまま、後に垂れて、よく馬鹿のやうに、その端を口に咬へたりしてゐました。いつも町をうろうろして、夜も、人の家の軒先などで寢てゐましたが、不思議なことに、冬雪が降つても、その坊さんの廻りだけはつもりませんでした。 “伊藤貴麿関連資料(2)「水面亭の仙人」” の続きを読む


伊藤貴麿関連資料(1)「虎の改心」

twitterでお知らせしたとおり、柏書房から『赤い鳥事典』が出版され、私も「伊藤貴麿」の項目を担当させていただきました。伊藤貴麿は岩波少年文庫『西遊記』の翻訳で知られている児童文学家・翻訳家で、『西遊記』の他にも数多くの童話作品や翻訳などを発表し、1967年に亡くなっています。

赤い鳥事典』の原稿を作成する際に、副産物としていろいろな資料ができたのですが、そのまま放っておくのももったいないので、サイトで公開したいと思います。

まずは彼の文章から。『赤い鳥』第11巻3号(1923年9月)に掲載された「虎の改心」です。『聊斎志異』の「趙城虎」を原作として「自由訳」したものとなっています。この作品は『赤い鳥』掲載後も『孔子さまと琴の音』(増進堂、1943年)など、何度か童話集に収められています。ここでは、『赤い鳥』掲載時の文章をテキスト化したものを載せたいと思います。

テキスト化にあたっては、表示の関係で「々」以外の踊り字は通常の文字になおし、ルビを省略してありますが、その他のかなづかいや、使用されている語句等につきましては、そのままにしてあります。そのため現在の基準からすると不適切な表現も見られますが、あらかじめご了承ください。

なお、伊藤貴麿及び、「虎の改心」についての詳細は、是非『赤い鳥事典』でご確認ください(笑)。

虎の改心     伊藤貴麿

   一

 昔支那の趙城といふところに、正直な一人のお婆さんが住んでをりました。もう年は七十二三で、よぼよぼしてゐましたが、その獨り息子が大へん孝行者だつたので、安樂にこの世を送つてゐました。
 所がある日、その息子が山へ登つたきり、ふつつりとどこへ行つたものか姿が見えなくなりました。お婆さんは每日々々悲しみに暮れて、可愛い息子の歸りを待つてゐましたが、とうとう歸つて來ませんでした。多分、近所の山に住んでゐる、恐しい虎に喰はれたのであらうといふことでした。お婆さんはいつ迄も泣き悲しんで、近所の人も慰めやうもない有様でした。
 或日、お婆さんはもう氣違ひのやうになつて、町のお役所へ駆け込んで、わんわん泣いて、お役所の長官に訴へました。
「お婆さん、お氣の毒ぢやが、虎にはどうも法律はあてはめられんからなァ。」
 長官はうるささうにかう言つて、お婆さんに取り合ひませんでした。お婆さんは淚ながらに、長官の袖にすがつて、どうしても放しません。 “伊藤貴麿関連資料(1)「虎の改心」” の続きを読む


2017年を振り返る【研究・教育編】

「振り返る」シリーズ【研究・教育編】、5回目になりました。
(これまでの記事:2013年 / 2014年 / 2015年 / 2016年

さて、2017年は研究面では、これまでに書いた原稿がいろいろな形になった一年でした。

まず論文は、「近現代日本の児童書における西遊記受容-「河童の沙悟浄」から見た-」(『中国児童文学』第24号、2016.12.25、pp.29-51)。実際に刊行されたのは今年に入ってからです。

そして、翻訳。浄慧法師の『中国仏教と生活禅』(山喜房佛書林、2017.02.23)が刊行されました。私は第3章と第4章の1~4を担当しました。
[amazonjs asin=”4796305777″ locale=”JP” title=”中国仏教と生活禅”]
それ以外に私の文章が掲載されたものとしては、『中国文化事典』(丸善出版、2017.04)があります。私が書いたのは「金聖歎の文芸批評」の項目です。
[amazonjs asin=”4621301179″ locale=”JP” title=”中国文化事典”]
上記の原稿を書いたのはほとんど昨年以前だったと思いますので、今年は比較的楽でした。ただ、今年楽した分、来年はちょっと大変です。一応某事典の項目を書いた原稿を出してありますので、それは来年形になると思いますが、肝心の西遊記受容研究は、口頭発表した内容が、論文が執筆できる段階まで今年中に進まなかったので、来年には投稿までいけるようにしなければなりません。方向性は決まっていますので、時間や予算と相談しながら着実に進めたいと思います。

本サイトでは、「僕たちが読んだ西遊記」に「キャラクターの変遷 ―― 日本で生まれた「河童の沙悟浄」を追う」を掲載できたのは良かったのですが、去年の「振り返る」で宣言していた「作家でたどる児童書西遊記」部分の開始は果たせなかったので、来年こそ開始したいと思います。

教育面では昨年から担当させていただいる中国小説史の授業のテキスト(配布プリント)を大幅改訂できたのが収穫でした。もう1、2年、授業をしながら修正を加え、書籍の形にできればいいなと考えています。

皆様にとっても来年が良い一年となりますように。


2017年を振り返る【読書編】

 今年は活字の本をあまり読んでおらず、記録に残っているのは57冊のみでした。

 小説の中で良かったのは、恩田陸『蜜蜂と遠雷』、住野よる『君の膵臓をたべたい (双葉文庫)』あたりでしょうか。ベタですが。

 論説(新書)では、斎藤美奈子『文庫解説ワンダーランド (岩波新書)』、佐々木敦『ニッポンの文学 (講談社現代新書)』、大野茂『サンデーとマガジン~創刊と死闘の15年~ (光文社新書)』、島内景二『中島敦「山月記伝説」の真実 (文春新書)』など。本の本ばっかりやん。

 マンガ部門では、『響~小説家になる方法~』。衝撃度が半端なかったです。ebookjapanで電子化されていないので、まだ第8巻を読んでいないのですが、今後どうなるのでしょうか。
[amazonjs asin=”B00WW8ITGU” locale=”JP” title=”響~小説家になる方法~(1) (ビッグコミックス)”]
 マンガ(ギャグ)部門は『セトウツミ』を推したかったのですが、最終巻でギャグマンガではなくなってしまいました。どうしよう。でもまあ、それまでの巻が笑えたのは間違いないので(とくに2巻のゴリラのやつ)、そのままにします。
[amazonjs asin=”4253220495″ locale=”JP” title=”セトウツミ 1 (少年チャンピオン・コミックス)”]
 完結したと言えば、去年取り上げた『BLUE GIANT』も完結しましたが、凄かった。続編『BLUE GIANT SUPREME』も好調なようです。『図書館の主』も完結しましたね。
[amazonjs asin=”B06XK8D5BX” locale=”JP” title=”BLUE GIANT SUPREME(1) (ビッグコミックススペシャル)”]
 次男と親子共々はまったのは、いまさらながら『弱虫ペダル』。現在、主人公2年生時のインターハイが始まったところまで読みました。これも続きが楽しみ。
[amazonjs asin=”B00AQY7FMQ” locale=”JP” title=”弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)”]
 以上、今年読んで良かったと思った本でした。来年も、楽しくいろいろ読める一年になるといいなと思います。


僕たちが読んだ西遊記 -日本児童書西遊記史-

およそ3年ぶりに、児童書西遊記のコーナーに新規の記事を追加しました。
コーナー全体のタイトルも「僕たちが読んだ西遊記 -日本児童書西遊記史-」と改めました。
https://guanhua.jp/saiyuki/

今回の投稿は「第3章 キャラクターの変遷 - 日本で生まれた「河童の沙悟浄」を追う」の第1話で、今後週1回ぐらいの頻度で投稿できればいいなと考えております。この章では、日本にしかない「沙悟浄=河童」という認識が、いつごろから、どのような背景のもとで児童書に浸透していったのか?そもそもどの程度浸透しているのか?といったことなどについて書きたいと思います。

初回は“「河童の沙悟浄」という認識”というタイトルで、第3章の内容の前提として、沙悟浄は中国では(原典も現在でも)河童じゃないんだよ、ということを書いています。
https://guanhua.jp/saiyuki/1-3-01/

この章の元ネタは『中国児童文学』第24号に掲載された「近現代日本の児童書における西遊記受容-「河童の沙悟浄」から見た-」と、昨年11月に高知でおこなった講演です。

よろしくお願いいたします。