貫華齋

西遊記・金聖歎・中国古典小説

おしらせ

僕たちが読んだ西遊記 -日本児童書西遊記史-

およそ3年ぶりに、児童書西遊記のコーナーに新規の記事を追加しました。
コーナー全体のタイトルも「僕たちが読んだ西遊記 -日本児童書西遊記史-」と改めました。
http://guanhua.jp/saiyuki/

今回の投稿は「第3章 キャラクターの変遷 - 日本で生まれた「河童の沙悟浄」を追う」の第1話で、今後週1回ぐらいの頻度で投稿できればいいなと考えております。この章では、日本にしかない「沙悟浄=河童」という認識が、いつごろから、どのような背景のもとで児童書に浸透していったのか?そもそもどの程度浸透しているのか?といったことなどについて書きたいと思います。

初回は“「河童の沙悟浄」という認識”というタイトルで、第3章の内容の前提として、沙悟浄は中国では(原典も現在でも)河童じゃないんだよ、ということを書いています。
http://guanhua.jp/saiyuki/1-3-01/

この章の元ネタは『中国児童文学』第24号に掲載された「近現代日本の児童書における西遊記受容-「河童の沙悟浄」から見た-」と、昨年11月に高知でおこなった講演です。

よろしくお願いいたします。


『中国文化事典』


丸善出版より『中国文化事典』が刊行されました。
(出版社のサイトはこちら)
1テーマごとに見開き(項目によっては4頁)で完結する形式なので、いろいろと使えそうです。

また、「隋唐演義と楊家将演義」「メロドラマと武侠小説」(第5章文学)など、調べるというより読んでみたい項目がたくさんありますね。第7章芸能の「近現代ポピュラー音楽史」「テレビドラマ」、第8章生活の「トイレ」「ゲテモノ食い」「ゲームと賭け」などにも興味が引かれます。

なお、私も第5章文学の「金聖歎の文芸批評」という項目を書かせていただいております。
図書館等に入るのは少し先かもしれませんが、どこかでご覧いただけましたら、よろしくご指正の程、お願いいたします。


『中国仏教と生活禅』


私も翻訳に携わらせていただいた、浄慧法師著『中国仏教と生活禅』が山喜房佛書林から刊行されました。

以前に訳した『生活禅のすすめ』が概説書だったのに対し、これ(原題は『中国仏教与生活禅』)は論文・法話・スピーチを集めたものですので、こちらの方が専門性が高いはずなのですが、少なくとも私が担当した範囲(「三、生活禅サマーキャンプと若者」と、「四、禅修のあり方」の1~4)について言えば、むしろこちらの方が理解しやすかったような印象があります。
担当した範囲に一般向けの法話が多かったからかもしれませんが。

ボリュームがある分(約600ページ)、前作より値段が高くなってしまいましたが(¥8500+税)、興味がありましたら、お手にとっていただければ嬉しいです。

現在のところ、まだAmazon等のネット書店には出ていないようですので、お近くの書店か出版社にご注文ください。お近くに購入希望を出せる図書館がある場合は、リクエストしていただくという手もありますね。

何卒、よろしくお願いいたします。

目次は以下の通りです。

一、仏教の現代的意義
 1 真理と機縁にかなう現代仏教
 2 人類の自己完成を促進させる三つの回帰
 3 人間仏教は戒を師とする -太虚大師の人間仏教思想を学んで-
 4 道徳建設における仏教の役割
 5 人間性を高め、仏性へ回帰する

二、中国禅と生活禅
 1 試みに慧能思想の特色を論ず
 2 敦煌写本『壇経』は「最古」の『壇経』か?
 3 慧能得法偈の再検討
 4 『六祖壇経』と生活禅
 5 無門の門 - 禅堂講話
 6 趙州禅の特色
 7 無門関よもやま話

三、生活禅サマーキャンプと若者
 1 仏法・生活禅・サマーキャンプ
 2 大乗・小乗・生活禅 - 生活禅サマーキャンプでの講演
 3 第一回生活禅サマーキャンプ法座
 4 第八回生活禅サマーキャンプ開会式講話
 5 生活禅は大法門である
 6 生活禅、禅生活

四、禅修のあり方
 1 禅堂講話
 2 禅七講話
 3 禅意三題
 4 理悟と事修

 5 いかに話頭に参ずるか
 6 禅観十善
 7 禅修法座
 8 念仏と調五事

五、人問として如何に生きるか
 1 人生修養の四大選択
 2 生き方の六つの規準
 3 居士六法
 4 六自口訣
 5 在家の信徒が仏の教えを学ぶことについて
 6 国土の荘厳 衆生の浄化

六、戒律の現代的意義
 1 戒律を制定する十大意義
 2 僧団に溶け込む 僧団を立てる
 3 当代僧侶の職志

七、越境する生活禅
 1 フランス枢機大主教リュスティジェ(Jean-Marie Lastiger)氏との対話
 2 フランスの夏爾梅耶氏との対話
 3 「中国仏教文化展」の記者招待会のインタビュー
 4 読者からの問い -寺院のビジネス、素食、拝観料などの問題について-
 5 日本茶道文化学会(茶の湯文化学会)会長倉沢行洋先生との対談(適用)
 6 問禅寮十四答

解説 何燕生


新ブログ

貫華庵(so-net)でやっていた「貫華日記」というブログを、こちらに移しました。タイトルは「貫華日記Ⅱ」とします。

「貫華日記」としては「Ⅱ」ですが、私がブログを始めたのはexciteの「研究系フリーター日記」(2004年~2010年)ですので、「貫華日記」(2010年~2016年)に続いてこれが3つめのブログということになります。

「貫華日記」の記事(exciteの記事も全部ではないようですが含まれています)をエクスポートし、こちらでインポートしただけで、画像ファイルはso-netに置いたまま(そこにリンクして表示されています)だし、リンクのつながっていないところなども多々ありますが、暇を見て少しずつ直していきたいと思います。

これまでのサイトに掲載していた記事については「旧サイト」のタグを付けてあります。このタグが無いのがこちらのサイトで新たに書いたものということになります。

2012年以降は、日記のようなものはfacebookに書くことが多くなり、ブログでの更新はめっきり少なくなっていますが、こちらにも時々は投稿したいと思います。

ひきつづき、よろしくお願いいたします。

井上浩一

中国語教育強化講座報告書

昨年9月に北京語言大学で参加した中国語教員対象の研修「中国語教育強化講座」の報告書が『東北大学高度教養教育・学生支援機構紀要』第2号に掲載されました。

タイトルは「日本における大学中国語教育の充実を目指して-教育関係共同利用拠点プログラム「中国語教育強化講座」の取り組みー」です。

紀要のpdfは以下のURLからダウンロードできます。
http://www.ihe.tohoku.ac.jp/cahe/wp-content/uploads/2011/06/3d93edb166b81a9b4e343becb9a37d92.pdf

報告書作成においては、資料になっているアンケートに協力したのと、少しだけ構成についての意見(感想?)を言ったぐらいなのですが、一応名前を入れていただいております。ありがたいことです。

「中国語教育強化講座」は今年も行われます。そのうち参加してみたいとお考えの方は、報告書で概要を把握してみるのも良いのではないでしょうか。


第11回中国古小説研究会

12月20日に早稲田大学で行われた、第11回中国古小説研究会で、「「河童の沙悟浄」から見た近現代日本における西遊記受容―児童書西遊記と音声・映像メディア―」という題目で研究発表をしてきました。河童の沙悟浄シリーズ第4弾です。
20141220.jpg
これまでにお話しした内容に加え、具体的に書名を挙げた資料も提示したせいか、具体的で根本にかかわるようなご指摘もいただいたのが、大きな収穫でした。
帰りは打ち上げに参加し大いに酔っ払って、同じくこの会で発表をされた師匠のO先生と一緒に仙台に帰りました。


新ブログ

新ブログ「僕らの西遊記 - 近現代の日本人が読んだ西遊記」を始めました。
とりあえず、今週はご挨拶。以降、できるだけ週に一回ずつぐらい更新できればと思います。
http://saiyuki.blog.so-net.ne.jp/
うーん、続くかなあ。


貫華庵ブログ版

貫華庵のコンテンツを作るのに、so-netブログを利用するという試みをやってみました。
最近、自分の履歴やら業績やらをまとめる必要があったので、ついでに作者紹介の内容を更新し、ブログ版の方へ。
・ 学歴
・ 研究業績
・ 教育履歴
トップページからのリンクも、以前のページではなく、こちらに張っております。


トップページ更新

このブログの本体にあたるサイト、貫華庵のトップページを更新しました。
何年ぶりだろう。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/haoyi/guanhua/
ちなみにトップページが変わっただけで、クリックして各コンテンツに入ると、古色蒼然としたページがでてきます(苦)。
こちらにも手を入れないといけませんね。
ちなみに、更新前はこんなデザインでした。
20140905012146818.PNG


第12回比較文学研究会

20140729182328903.JPG
7月26日に仙台市戦災復興記念館で行われた、比較文学会東北支部が主催する第12回比較文学研究会で、「日本の児童書西遊記における「河童」としての沙悟浄」という題目で研究発表をしてきました。
昨年台湾や帯広でお話しした、
 ・ 児童書西遊記では、沙悟浄をカッパとする率は意外と高くない
 ・ 1980年代以降はそのカッパ率が急上昇する
という内容の背景となる、大衆文化の中の西遊記受容についてお話してきました。


第63回東北中国学会

20140525.jpg
5月24・25日に福島大学と穴原温泉吉川屋で行われた第63回東北中国学会で、 「伊藤貴麿の西遊記と日本における西遊記の受容」というタイトルで発表をしてきました。
岩波少年文庫『西遊記』の編訳者として知られる伊藤貴麿を、『西遊記』翻訳の歴史の中で、どのように位置づければ良いのかを考察した内容でした。

西遊記〈上〉 (岩波少年文庫)

西遊記〈上〉 (岩波少年文庫)

  • 作者: 呉 承恩
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2001/11/16
  • メディア: 単行本
西遊記〈中〉 (岩波少年文庫)

西遊記〈中〉 (岩波少年文庫)

  • 作者: 呉 承恩
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2001/11/17
  • メディア: 単行本
西遊記〈下〉 (岩波少年文庫)

西遊記〈下〉 (岩波少年文庫)

  • 作者: 呉 承恩
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2001/11/16
  • メディア: 単行本

国際文化研究 第19号

ICS19.jpg
東北大学国際文化学会の『国際文化研究』第19号に論文が掲載されました。
この雑誌の掲載論文一覧をメモしておきます。
論文要旨はまた後日。
---------
〈論文〉
日本における子ども向け『西遊記』について-挿話選択の傾向と方法- 井上浩一
天橋刑場論-民国北京の新聞・画報を主な資料として- 大谷亨
貿易自由化による地域経済効果の分析-応用一般均衡モデルに基づく分析- オルギル
日本語の伝聞表現-「(スル)ソウダ」「ッテ」「ラシィ」を中心に- 呉 蘭
江戸川乱歩にみる「南洋」-映像との比較を中心にして- 小坂歩美
『中国文学月報』から見た近代日本知識人の中国文学認識-大衆重視の視点から- 朱琳
中国語母語話者による日本語受動文の習得:プロ卜タイプ理論を援用して 張蘇
「~みたいな」表現の分析 福原裕一
ハーバー卜・ジョージ・ポンティングの写した日本-自然を題材とした写真の考察- 矢島真澄美
現代アメリカ合衆国におけるアファーマティブ・アクション論争 -住民提案の投票プロセスにおける比較分析- 吉岡宏祐
心情としての「近代の超克」-「科学と人生観」論争という視点- 劉金鵬
〈研究ノート〉
中国の金利期間構造に関する実証分析-金融政策の影響メカニズムに焦点を当て-冷奥琳


お悔やみ

以前紹介した『生活禅のすすめ』の著者、浄慧法師が、4月20日、円寂されたそうです。
ご冥福をお祈りいたします。
関連記事(中国民族宗教網:簡体字中国語)
http://www.mzb.com.cn/html/Home/report/397117-1.htm
告別式の様子(Blanca論壇:同上)
http://www.blanca.com.cn/forum.php?mod=viewthread&tid=764515


生活禅のすすめ

 このたび山喜房佛書林というところから『生活禅のすすめ』(定価4000円+税)という本が出ました。私、この本の翻訳を一部担当しております。

 この本は、中国の仏教界で指導的な立場にある浄慧法師の著書『生活禅鑰』(学術書ではなく、一般向けに書かれたものです)を日本語に翻訳したもので、全20章のうち、私は第2~8章を担当しました。(目次は以下の通り)

  序  末木文美士
  解説 何燕生
  自序
  第1章 禅とは何か
  第2章 達摩禅ー理入と行入ー
  第3章 四祖禅ー見地、功夫と方法ー
  第4章 六祖禅ー無念、無相、無住ー
  第5章 六祖が示した修と証
  第6章 『壇経』中の幾つかの問題
  第7章 臨済禅ー一切の知見を取り除くー
  第8章 臨済禅師の法語
  第9章 趙州禅ー平常心、本分事ー
  第10章 禅の「無門関」
  第11章 生活禅の大要
  第12章 生活禅の4つの根本
  第13章 『心経』と生活禅
  第14章 私たちの心をしっかりと管理する
  第15章 牛をなつけるように心を育てるー『十牛図頌』略説ー
  第16章 信仰、因果、良心、道徳
  第17章 感恩、寛容、共有、結縁
  第18章 生活の中の修行、修行の中の生活
  第19章 煩悩を処分する方法
  第20章 生活と生死

 さて、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、私の専門分野は仏教ではありません(『西遊記』は、一応取経の話ですが(笑))。そのため私の担当部分は、一旦訳し終えたあと、恥ずかしながら、仏教や中国思想を良くご存じの、ある先生にかなり手を入れていただいて、なんとかできあがった次第です(その分、訳文の信頼度は上がっていると思います(苦))。他の章を担当された先生方は、皆さん専門に近い分野の方々なので、しっかりとした訳になっているものと思われます。

 興味のある方は、以下のサイトでご注文いただくか、出版社にご注文いただくか、井上までご連絡ください。

Amazon
生活禅のすすめ

紀伊國屋書店
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784796305716

セブンネット
http://7net.omni7.jp/detail/1106285868

出版社のURLは以下のとおりです。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/sankibo/

何卒、よろしくお願いいたします。
井上とお知り合いの方に関しては、私の方へご連絡いただいても、もちろんOKです。
よろしくお願いいたします。

※ 2014.09.04 編集。
※ 2016.09.06 Amazonリンク訂正。その他リンクも修正。


歌仔戲

福島と仙台で歌仔戲の公演があるようです。
劇団は台湾でおそらく最も有名な歌仔戲劇団「明華園」。
福島公演は明日28日に福島市音楽堂で。
入場無料ですが、整理券が必要なようです。
仙台公演は10月2日(日)に電力ホールで、16:00からと19:00からの2回公演。
同じく入場無料で、整理券も必要ないようです。
私も都合がつけば、仙台公演を見に行こうかと思っています。
詳しくは以下のウェブサイトで。
・ 「明華園」台湾オペラ劇団が福島と仙台でチャリティー公演
  (台北駐日経済文化代表処)


無事です

昨晩また強い地震がありましたが、ウチの一家は皆無事でした。
幸いに停電も免れております。
揺れのせいか、マンションのどこかの防火扉が動いてしまい、その為に火災警報機が鳴ってしまって、多くの住人が「どこも燃えて無さそうなのに」と首を傾げつつ、夜中に1階に避難したというハプニングだけはありましたが...。
ともかく、どうぞご心配なく。


生存報告

ご存じのとおり、三陸沖を震源とする地震で仙台市も震度6強の揺れがあり、市内の別の区では津波にまきこまれた地域もあるとのことで、多くの方から安否を尋ねるお電話をいただいております。
ありがとうございます。
私の住んでいる区域はそれほど大きな被害はなく、停電でやや不便な生活こそ強いられてはいますが、家族は無事でなんとか元気に過ごしておりますので、ご安心ください。
emobileが繋がるようになったので、ひとまずおしらせまで。
詳しい状況は、いろいろ落ち着いてから、またお知らせします。


貫華書架のメンテナンス

貫華堂本『水滸伝』の金聖歎による序文類や回初総評を検索するために作成した“貫華書架 - 『 第五才子書施耐菴水滸傳 』 金聖歎評” なるものがあります。
これは貫華庵の 「 金聖歎文集 - 『 第五才子書施耐庵水滸伝 』 序、その他 」と同内容なのですが、貫華庵はサイト全体の検索しかできないので、blog CGI ” Web Diary Professional ” を使用し、金聖歎による序文類や回初総評だけを検索できるように作成したものです。
その後、コメントスパムが大量発生したので、2008.08.07に日本語の含まれないコメントは投稿できない設定にしました。それで一時は収まったのですが、最近になってロシア語のコメントスパムがたくさんつき始め、コメントを承認制にしたのですが、それでも次々に投稿してきます。
そこで、思い切って “ 貫華書架 ” はコメント欄を廃止しました。
入力ミスなど、お気付きの点などありましたら、お手数ですがこのブログ(できればこのエントリ)にコメントいただければ幸いです。
で、なぜか第18回後半から20回のデータが消えていたので、ついでに修復。原因は不明です。
それから、exciteの旧ブログもスパムが多かったので、現在はコメントできない設定にしてあります。
今後ともよろしくお願いいたします。


新ブログ

これまでexciteで「研究系フリーター日記」なるブログをやっておりましたが、ここのところずっと更新できず、コメント欄は荒れ、さらに、厚生労働省の定義では35歳以上をフリーターに含めていないらしいことを知り、「もうとっくにフリーターに入ってなかったの?」ということになりましたので、新ブログを開くことにしました。
  参照:若年者問題に関する関係府省等の取組・連携の強化について
更新ができない問題については、まったく解決になっていないような気もしますが、なんとか生存確認が出来る程度には頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


日本庶民文芸と中国

今日で今年の授業は終了です。やれやれ。

さて、今月号の 『 アジア遊学 』 ( 勉誠出版 ) は 「 日本庶民文芸と中国 」 特集号 となっており、中国古典小説と日本文化との関係について書かれたものも、多く掲載されております。

出版社のサイト からも注文できますので、興味のある方はどうぞ ↓ ( 目次も見ることができます ) 。

・ 『 アジア遊学 』105号 日本庶民文芸と中国 ( 勉誠出版 )

なお、「 『 水滸伝 』 を母体とした現代日本の小説・コミック 」 というタイトルで、拙稿も掲載されておりますので、ご一読いただければ幸いです。


第二届“中国評点文学研究”国際学術研討会

以前、評点研究のおすすめ書籍として、「中国文学評点研究論集」を紹介しました が、これは2002年11月に開かれた“中国評点文学研究”国際学術研討会の論集として刊行されたものです。で、その第二回研討会が今年6月に上海で行われるそうです。

北大中文論壇の学術動態より

 実は今回、私も光栄なことに参加のお誘いをいただいたのですが、残念ながら断念いたしました。
 上の通知では、参加者の公募 ( というか会議用論文の投稿期限になってますね ) は4月30日までとなっていますが、もしかしたらまだ間に合うかもしれませんので、評点の研究者ですぐ出せるネタのある方は連絡をとってみるといいかもしれませんよ。