王應奎『柳南随筆』巻三より「金人瑞」

金人瑞,字若采,聖歎其法號也。少年以諸生爲游戲具,補而旋棄,棄而旋補,以故爲郡縣生不常。性故穎敏絶世,而用心虚明,魔來附之。某宗怕天台泐法靈異記,所謂「慈月宮陳夫人,以天啓丁卯五月,降于金氏之卟者」,即指聖歎也。聖歎自爲卟所憑,下筆益機辨瀾翻,常有神助。然多不軌于正,好評解稗官詞曲,手眼獨出。初批水滸傳行世,崑山歸元恭見之曰:「此倡亂之書也!」繼又批西廂記行世,元恭見之又曰:「此誨淫之書也!」顧一時學者,愛讀聖歎書,幾于家置一編。而聖歎亦自負其才,益肆言無忌,遂陷于難,時順治十八年也。初,大行皇帝遺詔至蘇,巡撫以下大臨府治。諸生從而許吳縣令不法事,巡撫朱國治方暱令,于是諸生被繫者五人。翌日,諸生羣哭于文廟,復逮繫至十三人,俱劾大不敬,而聖歎與焉。當是時,海寇入犯江南,衣冠陷賊者,坐反叛,興大獄,廷議遣大臣即訊,并治諸生。及獄具,聖歎與十七人俱傅會逆案坐斬,家產籍没入官。聞聖歎將死,大歎詫曰:「斷頭,至痛也。籍家,至慘也!而聖歎以不意得之,大奇!」于是一笑受刑。其妻若子,亦遺戍邊塞云。

底本:清代史料筆記叢刊
『柳南随筆 續筆』
王彬・嚴英俊点校
(中華書局、1983年)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。