王應奎『柳南随筆』巻三より「金人瑞」

金人瑞,字若采,聖歎其法號也。少年以諸生爲游戲具,補而旋棄,棄而旋補,以故爲郡縣生不常。性故穎敏絶世,而用心虚明,魔來附之。某宗怕天台泐法靈異記,所謂「慈月宮陳夫人,以天啓丁卯五月,降于金氏之卟者」,即指聖歎也。聖歎自爲卟所憑,下筆益機辨瀾翻,常有神助。然多不軌于正,好評解稗官詞曲,手眼獨出。初批水滸傳行世,崑山歸元恭見之曰:「此倡亂之書也!」繼又批西廂記行世,元恭見之又曰:「此誨淫之書也!」顧一時學者,愛讀聖歎書,幾于家置一編。而聖歎亦自負其才,益肆言無忌,遂陷于難,時順治十八年也。初,大行皇帝遺詔至蘇,巡撫以下大臨府治。諸生從而許吳縣令不法事,巡撫朱國治方暱令,于是諸生被繫者五人。翌日,諸生羣哭于文廟,復逮繫至十三人,俱劾大不敬,而聖歎與焉。當是時,海寇入犯江南,衣冠陷賊者,坐反叛,興大獄,廷議遣大臣即訊,并治諸生。及獄具,聖歎與十七人俱傅會逆案坐斬,家產籍没入官。聞聖歎將死,大歎詫曰:「斷頭,至痛也。籍家,至慘也!而聖歎以不意得之,大奇!」于是一笑受刑。其妻若子,亦遺戍邊塞云。

底本:清代史料筆記叢刊
『柳南随筆 續筆』
王彬・嚴英俊点校
(中華書局、1983年)

貫華書架のメンテナンス

貫華堂本『水滸伝』の金聖歎による序文類や回初総評を検索するために作成した“貫華書架 - 『 第五才子書施耐菴水滸傳 』 金聖歎評” なるものがあります。
これは貫華庵の 「 金聖歎文集 - 『 第五才子書施耐庵水滸伝 』 序、その他 」と同内容なのですが、貫華庵はサイト全体の検索しかできないので、blog CGI ” Web Diary Professional ” を使用し、金聖歎による序文類や回初総評だけを検索できるように作成したものです。
その後、コメントスパムが大量発生したので、2008.08.07に日本語の含まれないコメントは投稿できない設定にしました。それで一時は収まったのですが、最近になってロシア語のコメントスパムがたくさんつき始め、コメントを承認制にしたのですが、それでも次々に投稿してきます。
そこで、思い切って “ 貫華書架 ” はコメント欄を廃止しました。
入力ミスなど、お気付きの点などありましたら、お手数ですがこのブログ(できればこのエントリ)にコメントいただければ幸いです。
で、なぜか第18回後半から20回のデータが消えていたので、ついでに修復。原因は不明です。
それから、exciteの旧ブログもスパムが多かったので、現在はコメントできない設定にしてあります。
今後ともよろしくお願いいたします。


オススメの本

先週末、中国古典小説研究会に出ておりまして、そこで 「 評点研究のオススメの本 」 の話になりました。お薦めしたい一冊があったのに、そこではなかなか書名が思い出せなかったのですが、

章培恒·王靖宇 主编 《中国文学评点研究论集》( 上海古籍出版社,2002 )

でした。
b0003153_21365822.jpg
遅ればせながら推薦しておきます。収録されている論文は以下のとおり。

评点溯源 ( 张伯伟 )
论小说评点研究的三种视角 ( 谭帆 )
评点的形式要素与文学批评功能 - 以明代戏曲评点为例 ( 朱万曙 )
明代评点考 ( 高津孝 )
Editing,Annotating and Evaluating Letters at the Tum of the Seventeenth Century:Instituting Literary Forms for the self ( Kathryn Lowry )
清代词籍评点叙例 ( 林玫仪 )
《红楼梦》评点学的分类解释 ( 浦安迪 )
晚清《儒林外史》的文人评点群体 ( 孙逊 ・ 周君文 )
现存评点第一书 - 论《古文关键》的编选、评点及其影响 ( 吴承学 )
朝鲜注解本《剪灯新话句解》研究 ( 崔溶澈 )
“李攀龙《唐诗选》”评点本考索 ( 查屏球 )
明人评《西厢记》资料的新发现 - 徐复祚《西厢记》评语辑考 ( 黄仕忠 )
“说话”与“小说”的纠缠
   - 冯梦龙《三言》、《石点头》序言、批语的话本小说观 ( 胡万川 )
近百年来的金圣叹研究 - 以《水浒》评点为中心 ( 黄霖 )
简介美国的金圣叹研究 ( 王靖宇 )
“此一个人”与“极微说” - 中国式的典型观与细节论 ( 谢柏梁 )
周亮工与金圣叹关系探微
   - 兼论醉畊堂本《水浒传》和《天下才子必读书》的刊刻者 ( 陆林 )
《长生殿》眉批之探讨 ( 曾永义 )
《桃花扇》批语初探 ( 吴新雷 )
关于《吴吴山三妇评牡丹亭还魂记》的评语作者问题 ( 谈蓓芳 )
重探周昂《增订金批西厢》 ( 华玮 )
试论(朝鲜)《广寒楼记》评点的主要特征
   - 与金圣叹《西厢记》的评点相比较 ( 李腾渊 )